スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

バルセロナ、今季唯一の“新戦力”。
ベルメーレン「昨季は最悪だった」。

posted2015/09/02 10:30

 
バルセロナ、今季唯一の“新戦力”。ベルメーレン「昨季は最悪だった」。<Number Web> photograph by AFLO

トーマス・ベルメーレンは、ベルギー代表に“黄金時代”をもたらしたメンバーの一員でもある。アヤックス、アーセナルという遍歴はバルセロナのスタイルにフィットする予感で満載だ。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

AFLO

「ゴールを決めることに慣れていないので、どう喜べばよいか分からなかったんだ。試合に集中していたしね」

 8月29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節。昨季2度対戦して1分1敗、いずれも無得点に抑え込まれたマラガをホームに迎えたバルセロナは、この日も相手の堅守に苦しみながら、73分にイドリス・カメニが守るゴールをこじ開け、1-0で勝利を手にした。

 この値千金の決勝点を決めた直後、トーマス・ベルメーレンはまるでゴールが取り消されたかのように、喜ぶそぶりを見せず淡々と自陣へ戻ろうとしたところでチームメートに取り囲まれていた。

 だが試合後のコメントにある通り、どうやら久しぶりのゴールだっただけに喜び方を忘れてしまっただけのようだ。

移籍から1年を経て、ようやくバルサの一員に。

「新チームでの初ゴールは、いつだってナイスなものさ。今日は困難な試合だっただけに、先制点を決められて嬉しかったよ」

「スペイン語は上達しているけど、まだうまく話せないから」と英語で受け答えしていた試合後のミックスゾーンでも、初ゴールの喜びを語る彼の口調はやはり淡々としたものだった。しかし、次の言葉には重みがあった。

「みなが知っているように、ここに至るまでは簡単ではなかった。今夏のプレシーズンは自分にとって重要だった。自分の価値を証明する機会を与えてくれた監督には、本当に感謝しているんだ」

 その言葉通り、バルサ移籍からマラガ戦の初ゴールまでの道のりは長く険しいものだった。

 昨年夏、ベルメーレンはワールドカップ中に痛めた腿の故障を抱えたままバルサに入団した。それ以前からケガ続きで、前年のプレミアリーグ出場14試合にとどまっていた28歳(当時)のセンターバックには、獲得時から疑問の目が向けられていた。

【次ページ】 「即戦力発言」で彼を獲得したSDともども窮地に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
トーマス・ベルメーレン
ルイス・エンリケ

ページトップ