マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「あいつにつなげばなんとかなる」
一挙8点生んだ清宮幸太郎の存在感。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/07/28 11:00

「あいつにつなげばなんとかなる」一挙8点生んだ清宮幸太郎の存在感。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

打席での迫力満点の姿と、プレー外でのほんわかした雰囲気のギャップも清宮幸太郎人気の理由の一つ。甲子園に怪物がやってくる。

 7回を終わって、東海大菅生5点のリード。

 残るアウトはひとケタ9つになって、勝利へのカウントダウンが始まる。

 状況は誰が見ても東海大菅生の“勝ち”だが、グラウンドで闘う本人たちの心中は、意外と揺れに揺れているものだ。

 “結果”が実感になり始める中で、今日の試合のあとのこと、待ちに待った次の大舞台でのこと、長く辛かった今日までのこと、そして、とはいえ万が一この状況がひっくり返ったら……。

 さまざまな思いが混然と選手の頭の中で交錯を始めると、それまでの集中がもうどこかへ消えていってしまう。

 終盤8回、5点のリードは間違いなく大きい。なのに、追撃を受け止めようとする緊張感は選手の全身をじわりと縛り、手の平になまあたたかい汗をにじませる。

 リードしている者だけが覚える、得体の知れない緊張感。

 そんな中で、これまでとは違った意味での清宮幸太郎の「すごさ」を、われわれは思い知ることになる。

「清宮につなげば、きっとなんとかなる」

 8回、早稲田実業の先頭・山田淳平三塁手(3年)が粘りに粘る。なんとか出塁して、反撃の突破口になろうとしている。そして、センター前にゴロのヒットが飛ぶ。

 続く2番・玉川遼右翼手がファーストストライクをレフトへライナーで弾き返す。無死一、二塁。

 5点開いた8回なのに、早稲田実業の攻めに粗さが見えない。

 塁に出よう、そしてつないでいこう。本気でそう考え、その通りに実行している。

 ならば、その先には何があるのか。

「清宮につなげば、きっとなんとかなる!」

 ライト前ヒットを打つようなスイングで、ライトスタンドに放り込んでしまう“ガリバー”のような1年生スラッガー。

 清宮幸太郎が早稲田実業に入学する1年も2年も前から、高校野球の世界でもまれてきた上級生たちにも、「あいつなら……」と本気で“夢”を描かせてしまう大きな存在感。

【次ページ】 一挙8点の大逆転劇を生んだ清宮「夢工場」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
早稲田実業高校

ページトップ