野球クロスロードBACK NUMBER

度重なる怪我が復活の伏線に!?
阪神・福留孝介が二軍で考えたこと。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/07/08 11:40

度重なる怪我が復活の伏線に!?阪神・福留孝介が二軍で考えたこと。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

前半戦の折り返しを目前に、残り全試合先発出場を目指す38歳のベテラン。阪神のペナント争いのキープレイヤーになりつつある。

 全チーム借金――。未曾有の事態を巻き起こして荒れに荒れていたセ・リーグの覇権争いにおいて、7月7日現在、かろうじて借金がないのは阪神と巨人のみである。

 しかしながら、他チーム同様、チーム状況が良好なわけではない。

 成績を見ても打率2割3分9厘、防御率3.84はともに12球団中11番目。交流戦から連勝、連敗を繰り返している不安定な戦いぶりも、ペナントレースで突出できない大きな原因でもある。

 だが、リーグ制覇への光明はある。

 なぜなら、今の阪神には福留孝介という「打線の核」がいるからだ。

 打率は2割7分2厘ながら、チームトップの14本塁打をマーク。今や不動の3番として快打を連発する福留が、阪神打線を牽引していることは疑いの余地もない。

「いやいや、そんなことはないですよ」

 しかし福留は、あっさりと否定する。そう本人が言ったところで、彼の打撃が上昇気流に乗ってきていることは、何より数字が証明しているのだ。

 交流戦後の成績は53打数18安打、6本塁打。6月27日と7月4日のDeNA戦で放った2ホーマーが象徴するように、ここぞという場面では長打でもってチームの期待に応えてくれる。まさしく、「頼れる主砲」というわけだ。

 虎党からすれば「やっと結果を残してくれているか」と溜飲を下げるところだろうが、中日時代に2度の首位打者に輝き、メジャーリーグでも主力を務めた男なのだ。万全の状態であれば、このくらいの成績など当たり前のように残してくれるのである。

キャンプから調整を続けた打撃が実を結ぶ。

 決して寡黙ではないがメディアの前では雄弁というわけでもない。そんな福留でも、少し踏み込んだ質問をすれば、端的にではあるがしっかりと真意を述べてくれる。

 例えば、打撃フォームについて。

 ――形を変える、または修正を施したことが、今の結果に繋がっているのか?

 福留は「いやいや、なにも」と反射的に首を振りながらも、こう続ける。

「急に変えようと思っても変えられるものではないから。キャンプからいろんなことをずっとやってきたなかで、1年間のシーズンで調整していくものなんでね」

 プロ野球選手がおしなべてそうであるように、福留もシーズン開幕まで「今年はこれでいこう」と手応えを掴めるまで形を作り上げてきた。

 今季はそれが実を結んでいる。

【次ページ】 屈辱のファーム落ちを打棒復活の原動力に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福留孝介
阪神タイガース

ページトップ