SCORE CARDBACK NUMBER

“世界一の選手”が選んだ効率無視の戦いの果て。
~NBAファイナル、レブロンの矜持~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/07/07 10:30

“世界一の選手”が選んだ効率無視の戦いの果て。~NBAファイナル、レブロンの矜持~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

「自分は世界一の選手だから、自信がある。それだけのことだ」

 NBAファイナル第5戦後にレブロン・ジェイムズがそう言い切ると、記者たちは思わず顔を見合わせた。ジェイムズが世界一の選手であることに異議を唱える者はほとんどいない。それでも、いつも個人よりチームを強調する彼が、わざわざ「世界一の選手」と口にしたことが珍しく、意外だったのだ。

 もっとも、少し考えればその意図は理解できた。第4戦、第5戦と連敗して優勝への王手をかけられたことで、チームメイトは自信を失いかけていた。シリーズを通して、ジェイムズがいるということだけを支えに戦ってきた彼らを勇気づける必要があったのだ。

 NBAファイナル中のジェイムズは、随所に彼らしくない姿を見せていた。プレー面でも成功率やオフェンス効率に目をつぶり、無理な体勢からでもシュートを打ち続けた。その結果、チーム全体の得点の4割近い平均35.8点をあげたが、FG(フィールドゴール)成功率は4割を切った。昨季まで毎年、FG成功率を意識して向上させ、56%を超えるまでになった時とは別の選手のようだった。

「効率の悪い戦いは楽しくなかった。でも……」

 ファイナル中に、そのことについて聞かれたジェイムズはこう説明した。

「僕にとって、いつもとは違うチャレンジなんだ。いつもと違う考え方をしなくてはいけない。でも、勝つためなら何でもやるという点では、これまでの考え方から大きく外れているわけでもない」

 昨季まで4シーズン所属したマイアミ・ヒートでは、ドウェイン・ウェイドやクリス・ボッシュといった頼れるチームメイトがいたから、効率よくプレーすることを優先する余裕があった。しかし今季のキャブズでは、共に戦うはずだった若手オールスターのケビン・ラブやカイリー・アービングが、プレイオフに入ってから続けて故障で離脱し、戦力が足りない中で戦わなくてはいけなかった。自分の理想やこだわりを捨て、なりふり構わず戦うことが、勝つ可能性がある唯一の方法だったのだ。

 第6戦にも敗れ、優勝を逃した後で、ジェイムズは言った。

「効率の悪い戦いをすることは楽しくなかった。でも、それがチームに必要なことだった。自分のすべてを出し切った」

関連コラム

関連キーワード
レブロン・ジェイムズ
クリーブランド・キャブズ
NBA

ページトップ