Number ExBACK NUMBER

“いい人”ミルコ・デムーロが、
どうしても勝ちたいライバル騎手とは。 

text by

渕貴之

渕貴之Takayuki Fuchi

PROFILE

photograph byShigeyoshi Ohi

posted2015/06/19 10:50

“いい人”ミルコ・デムーロが、どうしても勝ちたいライバル騎手とは。<Number Web> photograph by Shigeyoshi Ohi

1999年に短期免許で初来日し、以来GIだけでも12勝をあげているミルコ・デムーロ。今年2年に免許試験に合格してJRA所属となった。

5月31日に開催された第82回日本ダービーをレコードで制したドゥラメンテ。
鞍上のミルコ・デムーロにとって2度目のダービー制覇は、
JRA所属騎手として騎乗した記念すべき勝利だった。
Number880号のインタビューで格別のレースを穏やかに振り返ったミルコが、
次なる野望を語って一瞬だけ語気を強めた瞬間とは?

 あれは2007年12月のこと。

 その年、日産スタジアムで開催されたクラブワールドカップ決勝、ミラン×ボカ・ジュニアーズ戦の試合後に、たまたまミルコと(その友達も)タクシーに乗り合わせたことがある。

 辺りが暗かったこともあり、彼らをただのミランファンのイタリア人だと思っていたが、クルマに乗り込んで話してみるとやけに日本語がうまい。

 それで、なんで日本語うまいの? と後部座席を振り返って聞いてみたら、返ってきた答えが「うん、ぼくミルコ・デムーロ」だった。

 慌ててNumberの名刺を出すと、「ああ、2003年にインタビュー受けたよ」と言う。

 そうなのだ、ネオユニヴァースで2冠を達成した際、ミルコはNumber587号の表紙を飾っているのだ。

 ああ、ミルコさんお世話になっています!

 すぐに非礼を詫びたが、当のミルコは気にする風もなく、ただただニコニコしていて、ニコニコしたまま新横浜プリンスホテルで降りていった。

 ミラン勝ったしなあ。それにしてもいいヤツだなあ。いつかちゃんと取材させてもらおう――そう思ってから7年半。ようやく念願が叶った。

安田記念の翌日、「きのう、飲み過ぎた」。

 夕方近くの待ち合わせにもかかわらず、待ち合わせ場所に少しだけ遅れて現れたミルコは、開口一番「きのう、飲み過ぎた」と笑う。16着に終わった安田記念の翌日である。

「お酒そんなに強くない、好きなだけ」と言うが、Number880号のインタビュー記事の筆者でミルコの飲み仲間でもある競馬ライターの平松さとしさんによれば、時には朝までコースもあるらしい。

 遊ぶときは徹底的に。繊細さと豪快さが同居してるあたり、いかにも勝負師っぽい。

 余談だが、ミルコは調整ルームが好きなのだとか。

 素人目には競走前日から自由を束縛されるようにしか思えないが、実は集中できて都合がいいらしい。平松さんも「外国人ジョッキーは好きな人多いですね」とおっしゃる。なるほど、否応なしにメリハリがついていいのかも。

 取材はまずポートレイト撮影から。

 蒸し暑いなか、けっこうあちこち連れ回したけど、ミルコは嫌な顔ひとつしない。

 行きすぎる人がミルコに気づけば、笑顔で手を振って常にニコニコ。

【次ページ】 日本語でのインタビューが始まると……。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
ミルコ・デムーロ
ドゥラメンテ
皐月賞
日本ダービー

ページトップ