マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

日本ハム・中島卓也の「6、7年計画」。
“非力”な高校時代のスカウト秘話。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/09 10:50

日本ハム・中島卓也の「6、7年計画」。“非力”な高校時代のスカウト秘話。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「目標の選手は川崎宗則」という中島卓也。小兵が守備と足で活路を探る姿も、彼が応援される理由の1つなのかもしれない。

 こんな記録がある。

 すべて今シーズン、すべて同じ選手によってマークされた記録である。

5月13日 1打数1安打2打点4四球
対西武8-7 試合時間 4時間31分

5月21日 6打数5安打3打点1犠打
対楽天5-9 試合時間 5時間37分

5月26日 4打数3安打0打点1四球1犠打
対ヤクルト5-12 試合時間 4時間

5月27日 7打数4安打1打点
対ヤクルト5-5 試合時間 4時間54分

 5月中のある4試合での打撃成績だが、共通項がある。

 いずれも、4時間以上の長い試合。

 その中で、4回以上出塁し、その内容は4安打、5安打もあれば1試合4四球もあるというバリエーションに富んだもの。その間には送りバントも確実に決めているし、言い添えればこの選手、4試合トータル19時間2分の中で1つの失策も犯していない。

 あるプロ野球チームの遊撃手の“断片”を集めたものである。

長い試合を乗り切る屈強な大型遊撃手、ではない。

 この選手、いったい誰でしょう? もしそう問われても、私にはわからなかっただろう。

 4時間あれば、東京を出た新幹線は広島に達する。5時間かければ、終点・博多に達するほどの長い長い時間を、遊撃手という負荷の大きなポジションを破綻なく守りながら、しかも打者としてもその役割を全うできる選手。

 屈強な大型遊撃手、たとえば巨人・坂本勇人あたりを想像するだろう。

 まさか、あのきゃしゃなユニフォーム姿の、非力といわれて二塁打もなかなか出ない、あの遊撃手のこととは夢にも思うまい。

【次ページ】 これほど集中力が長続きする選手は40年で初めて。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
中島卓也
三嶋一輝

ページトップ