スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

スプリットか、ツーシームかの分岐点。
開幕炎上の田中将大は変身できるか。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/07 11:25

スプリットか、ツーシームかの分岐点。開幕炎上の田中将大は変身できるか。<Number Web> photograph by AFLO

メジャー2年目、肘の故障から復活を印象付けたかった田中将大だが、開幕戦では敗戦投手となった。黒田博樹が移籍したヤンキースで、田中にかかる期待と負担は大きくなる。

 2015年4月6日、ブルージェイズを開幕戦に迎えたヤンキー・スタジアムは晴天に恵まれた。

 田中将大の立ち上がりも、まさに晴れ。

 しかし、3回に打ち込まれ5点を失い、今季の先行きに不安を覚える出だしとなった。

 まずは、今季の田中の課題を整理しておこう。

●シーズンを通して先発ローテーションを守ること
●「6回3失点以内」という“クオリティ・スタート(QS)”の高確率での実現
●QSを達成するために、球数を少なくする
●ゴロアウトを増やす意図でのツーシームの精度を高める

 肘に不安を抱える中でローテーションを守るためには、球数を抑える必要がある。それにはスプリットで三振を取るスタイルから、ツーシームを投げ、ゴロで打ち取っていくタイプへの転換が求められる――それが大きな見どころといっていいだろう。

 今回の登板では、たしかにその意図は感じられたし、立ち上がりは上々だった。

スロースターターの田中が、初回に理想的な投球。

 まずは先頭のレイエスをスプリットで三振、2番のマーティンを三塁ゴロに打ち取り、3番のバティスタをスライダーでまたも三振。

 積極的なブルージェイズ打線を、うまく“料理”した印象だった。

 これなら行ける――。期待を抱かせる投球内容で、このイニングの投球こそ「2015田中将大」の理想型になるだろう。

 しかし、3回に事態は暗転する。

 8番のピラーに三塁線を破られるヒット。続くトラビスを歩かせてピンチが広がると(この四球はもったいなかった)、1番のレイエスが“味なゆさぶり”を仕掛けてきた。三塁手の位置を目で確認すると、いきなり初球をバント。これを三塁のヘドリーが送球エラーで先制点を許す。

 犠牲バントではなく、積極的な攻めのバント。

 ここから田中は魔の時間帯を迎える。

【次ページ】 中断後のふわりとした空気を見透かされた田中。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
田中将大
ニューヨーク・ヤンキース
トロント・ブルージェイズ

ページトップ