Number ExBACK NUMBER

川口能活と楢崎正剛が語った、
日本一シュートのうまい選手とは? 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/03/25 10:45

川口はこの8月に、楢崎は来年4月に40歳を迎えるが、ともに所属クラブでは、今なお正GKとして君臨している。

川口はこの8月に、楢崎は来年4月に40歳を迎えるが、ともに所属クラブでは、今なお正GKとして君臨している。

 名古屋市内のホテルにて。先に到着した川口能活と雑談していたら、まるでゴール前からのコーチングのような豪快な声が、取材部屋に響きわたった。

「ヨッちゃん! ごめん、待った?」

「おー、正剛! ひさしぶり。全然大丈夫だよ」

 川口能活と楢崎正剛が、同じ空間で語り合う。正直に言うと、Number創刊35周年記念号で実現したこの対談がうまくいくのか、不安だった。長く日本代表正GKの座を奪い合った1歳違いの2人が、お互いに対してどんな感情を抱いているのかわからなかったから。新人の頃からメディアで比較され続け、プレースタイルやキャラクターの違いから、W杯やアジア杯が近づくたびに、世論はどちらをゴールマウスに立たせるべきか意見が分かれた。日本代表の練習中に2人が話していると、報道陣がざわつく場面もあったほどだ。

 ところが、目の前に座った守護神たちは、お互いを「ヨッちゃん」「正剛」と呼び合っている。こちらの緊張を告白すると、2人は笑った。

「なんでこういう対談のオファーが来ないんやろうな」

川口   俺たちの関係って、普通だよね。

楢崎   全然普通。むしろ、「なんでこういう対談のオファーが来ないんやろうな」って思ってたぐらいだから。

川口   そうそう。それが不思議だった。

楢崎   メディアのみなさんの方が、気を使っているんでしょ。

“予想外”にリラックスした雰囲気で、対談は始まった。初めて出会ったときのこと、比較されたときの心境、お互いのプレースタイルについて。今まで知ることができなかった本音が、明かされていく。2人の「ライバル関係」についての話題を終えたときに、どうしても聞いてみたい質問があった。

 今までの日本代表選手の中で、最もシュートを止めるのが難しかった選手は誰ですか?

 この問いに、彼らほど説得力のある答えを言える選手はいない。国際Aマッチのキャップ数は、2人合わせて193。代表合宿や試合前の練習で、日本のトップ選手たちのシュートを数えきれないほど受けてきた。だからこそ彼らは、「日本一シュートのうまい選手」を知っている。2人の口から語られたのは、やはり日本のレジェンドと呼ぶべき選手の名前だった。

【次ページ】 ふたりの口から語られた名前とは?

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ