Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ラグビーW杯に懸ける男たち> 畠山健介 「ジャパンの心臓を守る男」 

text by

永田洋光

永田洋光Hiromitsu Nagata

PROFILE

photograph byTadayuki Minamoto

posted2015/07/13 11:50

最前線で身体を張り続け、手にしたキャップは、はや60。
ジャパンの躍進を支えるフォワードのキーマンが、
スクラムへのこだわりと、W杯勝利への覚悟を語った。

 スクラムとは何か。ラグビーという競技を人体に例えれば、それは心臓である。

 心臓が血液を送り出し、体を巡った血液がふたたび心臓に戻ってまた各所へ運ばれるように、ラグビーでは、スクラムから送り出されたボールがいくたの手を経てフィールドを巡り、ふたたび敵味方16人が塊となって力を競うスクラムに戻ってくる。

 だから、「心臓」なのである。

 畠山健介。宮城県生まれの29歳は日本代表でこの心臓を支える重要なポジション、右プロップを務める。背番号は3。スクラムの最前列右端で頭から首まで左右両側を相手に挟み込まれ、前後から押し寄せる圧力を伸ばした背筋(せすじ)に通して放出し、ときに相手を押し込み、ときには息もできないほどの重圧にうめき声をかみ殺す。いわば、世界を相手に「日本の心臓」を守っているのが畠山だ。前回のW杯にも出場し、日本代表キャップは60を数える。

「スクラムを押されると後ろに迷惑がかかる」

 畠山が言う。

「スクラムが押されてFWが劣勢になり、バックスが相手のプレッシャーを浴びてチームがパニックになったケースがこれまでたくさんあった。つまり、スクラムを押されると後ろに迷惑がかかる。だから、スクラムは押されてはいけないんです」

 心臓が圧迫されれば血流が滞るように、スクラムが押されればボールの流れが滞り、用意された緻密なムーブも画餅に帰す。日本がW杯で過去に1勝しか挙げられなかった歴史の裏にはそんな事情があった。

 2014年、日本代表は快進撃を続けた。'13年秋のロシア戦からテストマッチは11勝1敗。世界ランクは一時史上最高の9位まで行った(現在11位)。6月21日には、これまで歯が立たなかったスクラム強国イタリアを再三押し込み、26-23で史上初勝利を挙げた。スクラム強化が実を結んでの勝利は「強くなったジャパン」を実感させた。

 しかし、順調なシーズンは最後に大きな試練に見舞われる。11月の欧州遠征でルーマニアには18-13で辛勝したものの、グルジアに24-35で完敗。スクラムがいかに勝負に直結するかを思い知らされた。

【次ページ】 「勝てないシチュエーション」を体感できた欧州遠征。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ