Jリーグ万歳!BACK NUMBER

ACLの“ルーズさ”を知り尽くした柏。
「予想通り」発言を裏付ける経験とは。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/03/18 11:45

ACLの“ルーズさ”を知り尽くした柏。「予想通り」発言を裏付ける経験とは。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

この試合の2得点すべてに絡む活躍を見せた輪湖直樹。柏ユースから甲府、徳島、水戸を経て昨年から柏のトップチームでプレーしている。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、第3節。ホームに山東魯能(中国)を迎えた柏レイソルは、試合終了間際のアディショナルタイムに生まれたDF輪湖直樹のゴールで2-1と勝利。ここまでの成績を2勝1分けとし、グループリーグ突破に向けて大きく前進した。

 一方、中国の北京で行われた北京国安と浦和レッズの一戦では浦和が2失点完封負けを喫して3連敗。グループリーグ突破が極めて厳しい状況となり、鹿島アントラーズとガンバ大阪がいずれも2連敗を喫しているため、日本勢4チームのうち勝点を挙げているのは柏だけという苦しい戦いが続いている。

 それにしてもなぜ、柏だけがACLの舞台で結果を残すことができているのか。

 試合後の記者会見で、指揮官の吉田達磨は試合をこう振り返った。

「予想どおり、『これがACLだ』という厳しい戦いになったと思います。これがサッカー。攻めれば攻めるほど空く危険なスペースがあって、ミスがあれば必ずつけ込まれる。その繰り返し。我々は何回かミスをしましたけど、基本的には思っていたとおりの得点、思っていたとおりの崩し、狙っていたとおりの組み立て、それを選手が賢く、勇敢に披露してくれたと思います。攻めるリスクと戦いながら、その薄氷の上を歩いて選手たちがトライしてくれた。その姿勢を、今日は称えたい」

柏がACLで勝ち続けるためのキーワード。

 キーワードはいくつもある。

 予想どおり。

 これがACL。

 これがサッカー。

 攻めれば攻めるほど。

 思っていたとおり。

 狙っていたとおり。

 このうち最も重要なのが「予想どおり」「思っていたとおり」「狙っていたとおり」という言葉で、つまり柏は、予想や思惑、狙いから逆算して弾き出された“やるべきこと”をピッチで表現したのだから、勝って当然の試合だったとも言える。

【次ページ】 努めて冷静に振舞っていた柏の選手たち。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
柏レイソル
山東魯能
吉田達磨
アジアチャンピオンズリーグ

ページトップ