ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

生粋の江戸っ子が綴る大正、昭和の釣り談義。
~『江戸前の釣り』にあふれる粋~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/03/03 10:00

生粋の江戸っ子が綴る大正、昭和の釣り談義。~『江戸前の釣り』にあふれる粋~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『江戸前の釣り』三代目三遊亭金馬著 中公文庫 762円+税

 中学生の頃だから、もう60年近い昔、よく通った東宝名人会で金馬だけが講談師のように釈台(机)を前に一席やる。お袋が「鉄道事故で片足を失った。それを客に見せない心遣い」と教えてくれた。三代目・金馬、生粋の江戸っ子だ。

「ぼくは、この小さなタナゴに魅せられて、千葉県佐倉の鹿島川の鉄橋で汽車にはね飛ばされ、半年も入院したのだから、実にあっぱれなものと自分でも思っている」とは、釣りへの情熱をユーモアをまじえて洩らした師匠自負の一節。はげ頭、ドングリ眼のご面相を思い出すが、歯切れのよい高座の口調そのまま、大正、昭和の釣り三昧をたっぷりつづった。

釣り談義に小話や川柳を織り込んだ“金馬の贅沢”。

 釣り談義に小話が入る、川柳が織り込まれる。時代の風俗が背景に流れ、江戸の下町の気風を残した人々の影が浮かぶ。たとえば〈釣り十二ヵ月〉の二月のタナゴ釣りはこうだ。

 二センチほどのタナゴを相手にするのは東京だけ。江戸の昔は大名が金屏風を立てまわし、金蒔絵のお手あぶりを脇に、腰元の髪の毛を針素(はりす)にして釣った……と語り起こし、タナゴ博物談から餌の話につなげ、デリケートな竿とその扱いの極意を講釈し、本所の職人の父に連れられた釣りの帰り、縄のれんで一杯やる父親の姿を思い出す。“釣るほかに飲むあてもある遠出組”と自作の川柳。そしてタナゴを細かい金網で焼き熱いうちに醤油にジューと付けて食べる「ヤキジュー」の味まで。

 収められた文章すべてがこの塩梅だ。話の運びがすっきり無駄がない。懐旧の情は行間に隠し、師匠はどんどん話を進めるのが、かえっていい時代だったなあ、との思いを誘う。

 餌のミミズを飼育し、竿、針、釣り糸まで自分で作る豊かな時間。贅沢というしかない。席亭の「金馬急病につき休演」の張り紙に客が「また釣りか」と笑ったそうだ。物はなくとも、不便でも、皆が心に余裕を持っていた。

 文庫化にあたり東京大空襲で孤児になった海老名香葉子さんとその兄が師匠の思い出を語る対談が収められた。江戸和竿職人の遺児で、釣竿が縁で師匠が引き取った。老兄妹の話に師匠の人柄がしのばれ、まるで江戸人情話の世界……。

関連コラム

ページトップ