MLB東奔西走BACK NUMBER

10倍の提示を蹴って、マイナー契約。
川崎宗則も“男気”の選手である。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/02/22 10:35

10倍の提示を蹴って、マイナー契約。川崎宗則も“男気”の選手である。<Number Web> photograph by Getty Images

昨シーズンは82試合に出場し、240打数、62安打、31得点、打率.258という成績を残した川崎宗則選手。スタメン定着を目指して、今シーズンの戦いが始まっている。

 この原稿をキャンプ直前のフロリダで作成している。いよいよメジャーリーグにも本格的に始動の雰囲気が漂ってきた。

 これまで毎年のように新たな日本人選手のメジャー挑戦が続いていたが、今年はゼロ。

 それでも田中将大投手、ダルビッシュ有投手は右ヒジ負傷からの復帰を目指し、イチロー選手はマーリンズという新天地で新たな野球人生をスタートさせるなど、それぞれ相応の覚悟を抱いてのキャンプインになる。

 だが個人的には、川崎宗則選手ほど今回のキャンプで真価を問われる選手はいないのではないかと考えている。

 川崎は、残念ながら今年もマイナー契約から開幕メジャーを争う立場となっている。

 今年でブルージェイズ在籍も3年目、首脳陣も川崎の存在価値は理解している。だが今年は、過去2年のキャンプ以上に熾烈なサバイバル競争が待ち受けているのだ。

キャンプに二塁手候補がなんと6人!

 2月上旬に地元メディア相手に行なわれた懇談会で、アレックス・アンソポウロスGMは更なる二塁手の補強を否定した。この発言を受け、日本のスポーツ紙では川崎が正二塁手候補の1人だと報じられていた。

 確かにこのオフ、阪神からFAでメジャー移籍を画策していた鳥谷敬選手の獲得に動くなど、さらなる二塁手獲得を目指していたとも噂されていた。それが実現しなかったことで、このキャンプで川崎を含めた何人かが正二塁手候補であることは間違いないことにはなったが、事態は想像以上に過酷であることが分かってきた。

 というのも、今回のキャンプには、招待選手を含めると二塁を守れる選手が6人も参加しているからだ。

 内訳はメジャー出場の最低条件となる40人枠に入っている選手が3人、招待選手が3人となっている。

 もちろん、これら6選手が横一線で正二塁手候補なわけではない。

 公式サイトにおいて正二塁手としてマイセル・イズタリス選手が示唆されている通り、実績、実力を考えればやはりマイセルが第一候補であるのは間違いない。

 昨年はヒザの負傷でわずか11試合の出場に留まったが、開幕から故障までは正二塁手を務めていた。今年のキャンプでは、体調万全なところをアピールし完全復帰を目指している。

【次ページ】 若手枠は埋まり、ユーティリティ枠は……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
川崎宗則
トロント・ブルージェイズ
アレックス・アンドレオポウロス
マイセル・イズタリス
デボン・トラビス
ライアン・ゴーインス
スティーブ・トールソン
ラモン・サンティアゴ

ページトップ