フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

四大陸フィギュア、日本勢は苦杯。
優勝デニス・テンは五輪の金目指す。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2015/02/16 11:00

四大陸フィギュア、日本勢は苦杯。優勝デニス・テンは五輪の金目指す。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

表彰台左から、銀メダルのジョシュア・ファリス(米国)、金のデニス・テン(カザフスタン)、銅のエン・カン(中国)。21歳のテンは「世界選手権が楽しみです」と早くも優勝への意気込みを見せた。

 韓国のソウルで開催されていた2015年四大陸選手権。

 2月14日の男子決勝では、カザフスタンのデニス・テンがSP1位からトップを保ち、初タイトルを手にした。SPで1回、フリーで2回の4回転トウループをきめて、フリー191.85、総合289.46ともに歴代3番目に高いスコアを叩き出した。

ソチ五輪銅メダルから一周年だったテン。

 テンは優勝会見で、「ソチ五輪で銅メダルを取ってから、今日でちょうど一周年。良い形で祝うことができました」と口にした。

 フィギュアスケートではカザフスタン出身の選手として、初めての五輪メダルだった。そして1年後のこの四大陸選手権で、やはりカザフスタンの選手として初タイトルを手にしたのである。

2年前、無名選手から一躍世界銀メダリストへ。

 テンがいきなり頭角を現したのは、ソチ五輪の前年のことだった。

 2013年3月にカナダのロンドンで開催された世界選手権で、フリー1位、総合では惜しいところで2位になったのである。

 ジュニアのころから才能があると言われてはいたものの、それまでGP大会でメダルを手にしたこともなかった彼が、あと少しでパトリック・チャンを破りそうになったことに、誰もが驚いた。

 だがその翌年は体調を崩してスケートアメリカを棄権し、中国杯は4位。ソチ五輪ではSP9位という厳しいスタートをきりながら、フリーで総合3位まで上がってメダルを手にしたときには、再び関係者たちを驚かせた。

【次ページ】 ローリー・ニコルに仕込まれた華麗なスケーティング。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
デニス・テン
宇野昌磨
村上大介
無良崇人
ジョシュア・ハリス
エン・カン
四大陸選手権

ページトップ