フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

町田の引退、羽生緊急手術……。
世界選手権での日本勢の展望は? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2015/01/14 10:30

町田の引退、羽生緊急手術……。世界選手権での日本勢の展望は?<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

「スポーツ選手のセカンドキャリア問題に取り組む」「フィギュアスケートをスポーツマネジメントの領域で考察する」という説明で自らの今後を語った町田。

 年末の全日本選手権は、なんともドラマティックなものだった。

 大方の予想通りだった、羽生結弦の三連覇。小塚崇彦のSP6位から総合3位へのみごとな挽回。そしてベテランの強豪勢を退けて、堂々と2位入りした17歳の宇野昌磨。どれ1つ取り上げても、それぞれ多彩な物語を抱えた素晴らしい展開だった。

 だがこれらのドラマをすべて吹き飛ばすような起爆力を持っていたのは、言うまでもなく町田樹の引退宣言であっただろう。

「私はこの全日本選手権大会を持ちまして、現役のフィギュアスケート選手を引退することを本日(12月28日)、決断いたしました」

 総合4位に終わったとはいえ、日本スケート連盟は町田を世界選手権の代表に指名した。その発表の直後の引退宣言であっただけに、観客席からは悲鳴のようなどよめきがもれ、現場は騒然となった。

 彼の中で、いつ引退を決意したのかはわからない。だが恐らくその言葉通り、最終決断を下したのは当日のことだったのではないだろうか。

 この2週間前のバルセロナのGPファイナルでは、全日本で頑張らなくては次はない、というニュアンスのコメントを何度か口にしていた。この時点ではまだ、世界選手権に向けての意欲を持っていたことは間違いないと思う。

競技人生最後だからこその「第九」。

 10月にスケートアメリカで単独取材に応じた時、町田はこう語っていた。

「選手としてはとりあえずあまり長い視野は持っていないから、1年1年だと思っています。4年後平昌五輪まで頑張ります、とはとても言えない」

 もともとメダルを目標にして滑るタイプの選手ではなかった。常に順位のことよりもプログラムの完成度にこだわってきた町田だが、2014年のフリー、ベートーヴェンの「第九」への思い入れはまた格別だった。

「このプログラムを完成したときの幸福感と言うのは、絶大なものだと思う。それを手に入れるためには、同等の苦しみを乗り越えていかなくてはならないと思っています」

 全日本で見せたフリーは4回転での転倒などもあり、技術的に見ると決して「完成作品」ではなかった。だが町田は最後まで落ち着いた表情で、スケートに対する思いをこめながら演じているように見えた。

【次ページ】 リンクへ黙祷を捧げた町田樹。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
羽生結弦
町田樹
小塚崇彦
宇野昌磨
無良崇人
フィギュア世界選手権

ページトップ