SCORE CARDBACK NUMBER

ニューイヤー駅伝の鍵を握る、箱根を盛り上げた新人たち。
~大迫傑、設楽兄弟の対決実現か~ 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/31 10:30

東洋大の二枚看板だった設楽兄弟は、11月に二人揃って2度目の1万m27分台を記録した。

東洋大の二枚看板だった設楽兄弟は、11月に二人揃って2度目の1万m27分台を記録した。

 実力日本一を競う元旦の全日本実業団駅伝。今回は前回連覇を達成したコニカミノルタとエリートが揃う日清食品グループの2強の争いに、中部の雄、トヨタ自動車や2年連続2位のトヨタ自動車九州がどう割り込むかが注目。その中では新戦力が果たす役割も重要になる。

 3連覇を狙うコニカミノルタは、エースの宇賀地強が「今年は本調子でなかったらメンバーから外れてしまう」というほどの充実ぶり。その要因のひとつが設楽啓太(東洋大)の加入だ。春先は出遅れたが、11月の東日本実業団駅伝ではエース区間の2区で区間賞を獲得して優勝への足掛かりを作った。さらにその後も1万mで自身2度目の27分台を出して調子を上げている。宇賀地が12月に福岡国際マラソンに出場したこともあり、本番でもエース区間4区起用もありうる。

 それに対する日清食品は学生界のエースだった大迫傑(早大)と、箱根の9区区間賞獲得の矢野圭吾(日体大)が加入している。11月の東日本にはアジア大会直後で大迫は出場しなかったが、矢野は10.6kmの6区で区間新とメンバー入りは必至。アジア大会組の大迫と佐藤悠基を温存した中で、村澤明伸も7区で区間賞獲得と復調している。チーム内のエース区間争いも熾烈だが、大迫がどこを走るかも注目。序盤の区間で快走すればそのまま独走状態に持ち込めそうだ。

服部翔大、設楽悠太の加入したHondaの動向に注目。

 中部・北陸実業団駅伝では2位に5分近い差をつけて圧勝したトヨタ自動車が優勝争いに食い込むにはエースの宮脇千博の復調が大前提だが、7区で区間賞を獲得している窪田忍(駒大)も主要区間を任されそう。また今井正人が大黒柱として牽引するトヨタ自動車九州も、箱根優勝メンバーの大津顕杜(けんと/東洋大)加入で、戦力アップをしている。

 そんな優勝争いとともに注目したいのは、東日本でコニカミノルタと日清食品に次いで3位になったHondaの動向だ。東日本では新加入の服部翔大(日体大)が1区で1位と5秒差の4位で流れを作ったが、元旦もそれを再現できれば優勝争いに割って入れる。その服部からタスキを受けた設楽悠太(東洋大)は兄の啓太に22秒突き放されたが、進路を別にしたのは兄と戦いたいという理由もあったはず。4区での兄弟対決実現となれば、注目度はさらに上がりそうだ。

関連コラム

ページトップ