Number ExBACK NUMBER

日本アイスホッケーを“背負った”男。
福藤豊が32歳にして海を渡る「遠謀」。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byYoshitaka Kikuchi

posted2014/12/01 16:30

日本アイスホッケーを“背負った”男。福藤豊が32歳にして海を渡る「遠謀」。<Number Web> photograph by Yoshitaka Kikuchi

2014年9月19日に開幕したデンマークリーグのエスビアウ・エナジーでプレーする福藤豊。第6戦では初の完封勝利をおさめるなど活躍を見せている。

 チームスポーツ競技において、選手個人が果たせる役割は自ずと限られてくる。

 だが時として、個人が競技そのものの“未来”を背負わされることがある。

 日本のアイスホッケーは現状、マイナースポーツといえるだろう。

 女子日本代表はソチ五輪に出場し脚光を浴びたものの、男子は自国開催枠で出場した長野五輪を除けば、五輪出場は1980年のレークプラシッド五輪が最後という状況だ。

 毎年開催される世界選手権でも、強豪国ひしめくトップ・ディビジョンには入れず、1つ下のディビジョンでも優勝できずにいる。

 日本国内に目を転じると、サッカーやバスケットなどと同じくアイスホッケーも企業に支えられ、かつては日本リーグもそれなりに盛り上がっていた。だが、企業の業績不振とともに次々にチームも解体。

 2003年から国内だけではリーグ運営が難しくなり、韓国や中国などを加えたアジアリーグとして生き残っている状態だ。しかし都市圏にはチームが存在せず、ローカル化の一途を辿っている。

日本人で初めてNHL公式戦に出場した福藤豊。

 そんなアイスホッケー界で、明るい話題を振りまく男がいる。

 2003年に世界最高峰リーグ、北米アイスホッケーリーグ(NHL)のロサンゼルス・キングスからドラフト指名を受けた福藤豊選手(GK)だ。

 福藤は翌2005年にキングスと2年契約を結び、2007年1月に日本人として初めてNHLの公式戦出場を果たした。当時は日本でも大きなニュースになっていたので、記憶されている方も少なくないはずだ。

 そんな福藤が今シーズンから、北欧デンマークのトップリーグのチーム、エスビアウ・エナジーに移籍したのだ。

 デンマークリーグ移籍に至るまでの、NHL以降の福藤の足取りを振り返ってみよう。

 キングスとの契約が終了した2007年以降も福藤は米国に留まり、NHL傘下のマイナーリーグに所属しプレーを続けた。2009年からはオランダリーグに1シーズン在籍した。

 2010年からはアジアリーグの日光アイスバックスと契約し、国内復帰を果たす。昨年までの4シーズンはチームのみならず日本代表不動のGKとして活躍している。

【次ページ】 32歳、少しでもレベルが高いリーグへ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
福藤豊
栃木日光アイスバックス

ページトップ