野球善哉BACK NUMBER

大阪桐蔭監督が語る森友哉の「打」。
捕手にこだわるよりも、打者として。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/11/05 10:40

大阪桐蔭監督が語る森友哉の「打」。捕手にこだわるよりも、打者として。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロ1年目の成績は、92打席に立ち、80打数22安打、二塁打6、本塁打6、打点15、OPSは驚異の.945を記録した森友哉。DHであっても打席に立たせる価値はある選手だ。

「どうなっていましたかねぇ」

 9月のある日、大阪桐蔭の西谷浩一監督と話していた時に、ふと高卒1年目ながら持ち前の打棒をいかんなく発揮しまくる同校OB・森友哉(西武)の話になった。

「例えばですけど、もし今季森がDHなどで1試合フルに使ってもらえてシーズンを戦っていたら、どうなっていたかなって考えたりするんですよ。3割、結構打ったんちゃうかなって思うんですよ。フルシーズン見てみたかったというのは、少しあります」

 当然のことながら、1人の人間が2つの人生を同時に歩むことはできない。

 人生の道を決める決断は、1つに限られる。

 しかし我々がつい思ってしまうのは「あのとき」、「あの選手」が「もうひとつの道」を選んでいたらどうなっていたか、という夢想だ。

菊池がアメリカに、大谷が投手一本に、そして森が……。

 菊池雄星がアメリカに渡って2011、'13年サイ・ヤング賞のクレイトン・カーショーの背中をみていたら……。

 大谷翔平が二刀流ではなく、投手一本に絞っていたら……。

 MLBでのカーショーの勇姿をみるたび、あるいは、沢村賞の選考で、堀内恒夫委員長が「大谷が投手1本なら、沢村賞の受賞候補」とコメントしたという記事を目にするたびに、そんな彼らのもう1つの人生を想った。

 森のもう1つの人生、「捕手・森」ではなく「打者・森」を第一として起用されていたなら、彼は今季、もっと驚くべき結果を残していたのではないかと、そんなことを考えてしまうのだ。

 今季、開幕を2軍でスタートした森は、7月27日に1軍初昇格を果たした。同30日にプロ初出場、初安打。8月14日のオリックス戦で榊原諒からプロ初本塁打を放つと、翌15日の日本ハム戦ではメンドーサから一発、さらに翌16日の日本ハム戦でも、増井浩俊から本塁打を放った。高卒新人選手が初アーチから3試合連続で本塁打を放ったのは、46年ぶりの快挙だったが、最終的に森の出場は41試合、92打席にとどまった。

【次ページ】 大阪桐蔭の歴史上、並ぶもののないある能力。

1 2 3 4 NEXT
森友哉
西谷浩一
埼玉西武ライオンズ
大阪桐蔭高校

ページトップ