ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

日本OPのギャラリーを3倍にした男。
アダム・スコット狂想曲の「裏側」。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/11/04 10:30

日本OPのギャラリーを3倍にした男。アダム・スコット狂想曲の「裏側」。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本オープンの観客数を昨年の3倍にしたアダム・スコット。世界との接点は、日本ゴルフが発展するうえでも絶対に無視できないファクターだ。

 日本のファンが今や遅しと首を長くしていた頃、待ち人はまだロンドンにいた。

 今年の日本オープン開幕前、一番の注目ポイントといえば、アダム・スコットに他ならなかった。

 2013年春、オーガスタでの雨中の戦いを制したマスターズチャンピオンの、7年ぶりの来日。燃料補給等で北欧の都市を経由した彼のチャーター機は、日本の上空に居座った台風のあおりを受け、予定よりも2日遅れで到着した。

 やっとの思いで成田空港に降り立ったスコットだったが、その足で向かった会場には開幕前日にも関わらず、多くのギャラリーの傘の花が咲き乱れていた。

 ローリー・マキロイに次ぎ、現在の世界ランクは2位。しかし、彼の魅力はその実力にとどまらない。スラリとした8頭身の体躯から繰り出される、ダイナミックかつしなやかなスイング。そしてなにせ、ハンサムである。

昨年比で3倍! 2万9000人のギャラリー。

 初日を迎え大挙した観衆の中には、オーストラリア国旗を手にしたギャラリーの姿もあった。ロープサイドには鈴なりの列ができ、ショットを放つと、拍手もそこそこに次の地点へと走る、走る。鋭いショットに感嘆する一方で、「カオ、ちっちゃ~い」という、甘ったるい声が何度も聞こえた。

 グリーン上で長尺パターを左手に、歪めた顔の前に右手の指をかざすと、一斉にバシャ! バシャ! とスチールカメラのシャッター音が響いた。流行中のエイムポイント・エクスプレスという、パッティング前のラインの読み方のルーティンだ。4日間の平均パット数は全体50位(1.88)という散々な出来ではあったが、ジュニアゴルファーと思しき何人もの中高生が、この儀式をマネしてはしゃいでいた。

 スーパースターが演出した期間中のギャラリー数2万9142人は、大会としては昨年比で約3倍、男子ツアーの今シーズンを通してみても2番目の数字だった。

【次ページ】 同組でプレーする経験を得た2人の“新顔”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アダム・スコット
田村尚之
塩見好輝
松山英樹
藤田寛之

ページトップ