野球クロスロードBACK NUMBER

今宮健太、高校通算62発からの変身。
「小技と守備」でSBを日本一に導くか。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/10/27 11:30

今宮健太、高校通算62発からの変身。「小技と守備」でSBを日本一に導くか。 <Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

172cm、68kg。小さな体で生き残る術を求めて、スタイルを確立しつつある今宮健太。2年連続でリーグ最多の62犠打を記録した。

 レギュラーとして初めて日本シリーズに出場するソフトバンクの今宮健太は、随所に“らしさ”を発揮している。

 第1戦の3回表、シリーズ初打席初安打で出塁し、細川亨の送りバントで二塁へ進塁。しかしその直後、スタンリッジの投手前の強いバントで迷わずスタートを切ったがために三塁で封殺された。

 先制点のチャンスだった。続く打者がレギュラーシーズンでの得点圏打率3割3分1厘の柳田悠岐であることを考えれば、2死二塁になったとしても自重し、彼に望みを託してもよかった場面である。それは、「状況判断。無理する必要はねぇんだよ! 次の柳田に期待してんだから」という秋山幸二監督の叱責からも如実に表れていた。

「行けると思ったけど、ああいう形(結果)になるならストップしないといけなかった」と、今宮は自身のプレーを猛省した。

ミスを取り返す美技と、第2戦の先制点を呼んだバント。

 そうかと思えば、その裏に守備で汚名を返上する。先頭打者の大和の、センターに抜けると誰もが確信した鋭い打球に素早く反応して捕球し、体を反転させて送球する美技を披露した。

 直前にはチームの勢いを失速させるミスを犯しながらも、今宮は臆することなく普段通りの鮮やかなプレーを見せたのだ。

「ミスをしても、成績が落ち込んでいても空回りしないように。どんな時でも自分のプレーをしっかりとやるというか、気持ちだけは負けないように、とはいつも考えています」

 今宮は試合に臨む姿勢について、そう持論を述べてくれたことがあった。

 一喜一憂するのではなく、ミスを恐れず自分にできるプレーをしっかりとこなす――。その意識は、第2戦でも見ることができた。

 初回、無死一塁から投手前に絶妙なバントを決める。続く内川聖一がレフト前安打を放ったことによって、今宮は貴重な先制点に大きく絡む働きをした。この試合、ソフトバンクが2-1と僅差で勝利したことを考えれば、今宮がアシストしてもぎ取った1点には大きな重みがあったわけだ。

【次ページ】 今宮の守備は天性の素質、バントは努力の結実。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
今宮健太
福岡ソフトバンクホークス
阪神タイガース
秋山幸二
日本シリーズ

ページトップ