プロ野球亭日乗BACK NUMBER

阪神・ゴメスにはストレートが有効!
日本一の行方を左右する「主砲対策」。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/28 10:50

阪神・ゴメスにはストレートが有効!日本一の行方を左右する「主砲対策」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今年の打点王でもあるゴメスは、勝利打点も巨人の坂本勇人についで、鳥谷敬と並んで2位タイ。勝負強い助っ人主砲の調子が、阪神の命運を握っている。

 キーマンはゴメスである。

 ソフトバンクと阪神が激突する日本シリーズは、甲子園球場での2試合を終え、1勝1敗のタイで、舞台を福岡に移すことになった。

 初戦は阪神がエース、R・メッセンジャー投手の好投と打線の爆発で快勝。2戦目はソフトバンクの先発・武田翔太投手が中盤まで“完全ペース”の好投をみせ、打線も阪神先発の能見篤史投手の立ち上がりを捕まえて5球で先制。4回には4番・李大浩内野手の一発で追加点を奪って逃げ切った。

 ここまではまさにほぼ互角、がっぷり四つの戦いと言っても良さそうである。

 ただ、この2試合で良きにつけ悪しきにつけ、カギを握る存在として明確に浮上してきた選手がいる。

 それが、阪神の4番を任されているM・ゴメス内野手である。

CSから続く「ゴメスが打つと勢いがつく」流れ。

 初戦を振り返ってみよう。

 4回1死二塁。打席に入ったゴメスはソフトバンクの先発、J・スタンリッジ投手の初球、高めの甘いストレートを逃さず捉えた。左翼線に放った先制タイムリー二塁打。そして5回の2死満塁のチャンスでも、外角のスライダーを左前に転がして2点を奪うタイムリー安打。4番が4番らしい働きを見せて、チームには点数以上の勢いがついた。

 これは、クライマックスシリーズファイナルステージでの巨人戦でも同じだった。

 10月15日のシリーズ初戦。1回にいきなり巨人先発の内海哲也投手から2ランを放ってチームに勢いをつけると、3回にも追加点となるタイムリーで流れを作った。

 その後も、第3戦では同点の口火を切るタイムリーと勝ち越しタイムリーと2本の適時打を放ち、日本シリーズ進出を決めた第4戦でも、8回に巨人の息の根を止めるタイムリー。この主砲の勢いを止めきれなかったことが、巨人の敗因となったのである。

【次ページ】 澤村拓一の投球にみる、ゴメス対策。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
阪神タイガース
和田豊
秋山幸二
ゴメス

ページトップ