サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-20W杯への大一番、相手は北朝鮮。
注目は南野拓実と、2人の超成長株。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/10/17 11:45

U-20W杯への大一番、相手は北朝鮮。注目は南野拓実と、2人の超成長株。<Number Web> photograph by AFLO

南野拓実がU-19のエースであることは間違いない。しかしその陰で、着々とその座を脅かす存在が育っていることも、また事実である。

 AFC U-19選手権ミャンマー大会でグループリーグC組を首位で突破したU-19日本代表。今日の北朝鮮との準々決勝は、U-20W杯出場権を懸けた大一番になる。

 今大会は、なんと言っても南野拓実の活躍が突出している。中国戦で1得点、グループリーグ突破を賭けた韓国戦では2得点をあげ、日本を勝利に導き、エースとしての重責を果たした。

「ボールを持つと皆、拓実くんを見るようにしている」と、ボランチの川辺駿(はやお/広島)が言うように、フィニッシュを含めた攻撃は南野に依存しており、完全に「南野のチーム」になっている。とはいえ、彼のゴールがうまれている背景には、そのお膳立てをする仲間たちのプレーがあるからこそだ。今のチーム内には南野に迫る勢いで「個」の輝きを増している選手たちがいる。

 石田崚真(りょうま/磐田U-18)は、2戦目のベトナム戦で右サイドバックの広瀬陸斗(りくと/水戸)が脳震盪を起し、途中出場からチャンスを掴んだ。韓国戦ではスタメン出場を果たし、左サイドバックのパク・ミンギュや途中出場のFWのキム・シンらと対峙したが、スピードと粘り強い守備で対応し、ほとんど突破を許さなかった。

「自分の持ち味は、積極的に上がってクロスを入れるプレーなんですけど、韓国戦はけっこうフレッシュな選手が右サイドに来ていたので守備ばっかりでした。ほとんど攻撃で上がることができなかったので、自分としてはまだまだでしたね。ただ、相手に抜かれない粘り強い守備や、1対1の強さも自分の持ち味のひとつで、それは先輩や相手の選手にも負ける気がしないです」

「ガチガチ来る北朝鮮は嫌いじゃない」

 プレー同様、言葉もなかなか強気だ。石田がチームメイトを「先輩」と称するのは、今のU-19代表のベースが自分よりも学年が上だからだ。そのせいか、チームの先輩からよくイジられる。試合前日練習の終わりに、みんなの前で試合の目標を発表し、クーラーボックスの冷水を頭から掛けられるのが恒例になった。

「普段はイジられても全然いいですけど、試合では年齢は関係ないですから。チームメイトとの競争はもちろん、試合では1対1をはじめ、あらゆることに勝っていかないと。そうしないと試合に出れないですし、自分が試合に出て優勝したいので。まずは北朝鮮戦ですね。相手がガチガチ来ますがそれは嫌いじゃないし、むしろ望むところ。韓国戦よりも攻撃的なプレーをして勝ちたいです」

【次ページ】 目標は長友佑都。世界は視野に入っている。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
南野拓実
石田崚真
長友佑都
金子翔太
松本昌也
奥川雅也

ページトップ