Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<大谷翔平・二刀流生活を徹底ウォッチ> 笑いと衝撃の一週間密着記。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/09/26 11:30

<大谷翔平・二刀流生活を徹底ウォッチ> 笑いと衝撃の一週間密着記。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
ある時は投手として、またある時は打者として――。
一人二役を担う球界の新星は、どんなスケジュールで
ペナントレースの日々を送っているのだろうか。
グラウンドに足を踏み入れてから球場を去るまでの
一挙手一投足を観察すると、大器たる所以が見えてきた。

<9/2(火)札幌ドーム>

 13時50分。明日、先発予定の大谷翔平がグラウンドに現れる。いつものことながら、8頭身、いや9頭身はあろうかという抜群のスタイルにため息が出る。

 手にはブルーのグラブ。足元も、ブルーのジョギングシューズ。報道陣に対し、穏やかな表情で、ほどほどの声量で、「おはようございます!」。さわやかだ。

 14時。三塁ベンチ前で軽くストレッチを始める。仰向けになり、伸ばした腕で、そこを通りかかった入団5年目の大塚豊の足首をつかむ。大塚はわざとらしく顔をしかめ、大谷をにらみつけた。大谷は満面の笑み。

 大塚は含み笑いを浮かべながら語る。

「あいつ、僕のことを完全になめてますからね。ま、かわいいヤツですけど。ロッカールームとかでもいきなり蹴ってきて、やり返すと、倍ぐらいの力でまた返されるんです」

 大谷を観察していると、いつも先輩にちょっかいを出している。そのたび、にらまれては笑顔でかわす。大谷の「被害者」代表ともいえるのが同期入団ながら、大卒のため4つ年上の鍵谷陽平だ。

「いつも馬鹿にされっぱなしです(笑)。最近は、“半ニヤ”で、『今日もカッコいいですね』みたいなのが多いですね」

「年上と年下、どちらが話しやすい?」という質問への機転。

 この後、アップを行ない、投手組に入ってキャッチボール。その際、しきりにセットポジションの構えを気にしていた。14時30分、ブルペンに入り約50球投げ込む。ただし、ブルペンは報道陣立ち入り禁止。45分後、大谷は再びグラウンドに姿を現す。センターへ移動し、やはりセットポジションの構えを入念にチェックしながら、何度となくフェンスにボールを投げつける。「ボコン」という大きな音が札幌ドームにこだました。

 15時40分、大谷退場。翌日に先発登板する大谷はベンチ入りしないため、練習後に囲み取材が行なわれた。注目度が高い大谷の取材は原則、囲み取材のみだ。単独で大谷をつかまえてはいけないことになっている。それを許可すると練習に支障をきたすからだ。

イニング間にキャッチボールを行なう。今季は常にセットポジションからの投球だ。

 囲みでは、こんなシーンがあった。翌日は「女子高生DAY」。女子高生がダンスなどを披露し盛り上げる。そこで、ひとりの記者が、年上の女性と年下の女性ではどちらの方が話しやすいかと尋ねた。すると大谷は、こう機転をきかせた。

「(記者は)年上の方ばっかりなので、そっちの方が話しやすいかもしれないですね」

【次ページ】 初回3者連続三振と圧巻の立ち上がりを見せたが……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
大谷翔平
稲葉篤紀
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ