野ボール横丁BACK NUMBER

稲葉篤紀が球場に起こす、ある現象。
野球ファンに、記者に愛された男。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/09/16 10:40

稲葉篤紀が球場に起こす、ある現象。野球ファンに、記者に愛された男。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1995年のプロ入り1年目から一軍で出場し、今年で20年目となる稲葉篤紀。移籍組ながら、選手からもファンからも「リーダー」と認められた頼れる男だ。

 日本ハムの稲葉篤紀の引退発表以降、各球場で不思議な現象が起きている。

 稲葉が打席に立つと、相手チームのファンも一緒に手拍子し、あるいは一緒に稲葉ジャンプをするのだ。そして凡退しても球場全体から大きな拍手が沸き起こる。

 稲葉がいかに野球ファンに愛されていたか。それがじつによく伝わってくる。

 思い返せば、記者にとっても稲葉はじつにありがたい選手だった。中には親しい記者以外とはあまりしゃべらない選手もいるが、稲葉は違った。

 試合前の練習を終え、ロッカールームに引き揚げる際、声をかけると必ず立ち止まり、数分間、こちらの質問に真摯に対応してくれた。しかも、その内容もおもしろかった。

渡辺俊介について語った「遊び心の大事さ」

 '07年のクライマックスシリーズのときもそうだった。その年、リーグ優勝した日本ハムは第2ステージでロッテと対戦。1勝1敗で迎えた第3戦、その日のロッテの先発ピッチャーは当時、全盛を誇っていた渡辺俊介だった。

 クライマックスシリーズは報道陣も多く、いつも以上に緊張感がある。そのためなかなか話を拾うのが難しい状況なのだが、できれば試合前に何らかの情報を得ておきたい。そこで稲葉に「渡辺俊介対策」を聞くと、「遊び心が大事なんだよね」という話をしてくれた。

 細部は忘れてしまったが、要するに、渡辺の緩いボールを打つには、こちらもそれに負けないぐらい肩の力を抜き、むしろ打者の方が投手を遊んでやるぐらいの気持でちょうどいいのだと言う。

 この話を聞けたお陰で、試合への興味が何倍も膨らんだ。

 結局、その試合で日本ハム打線は渡辺俊介を攻略。7-0で勝利するわけだが、記事を書くときも、稲葉の話がものすごく生きた記憶がある。

【次ページ】 稲葉に助けられた経験を持つ記者は多いはずだ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
稲葉篤紀
北海道日本ハムファイターズ
渡辺俊介

ページトップ