Number on NumberBACK NUMBER

“東京五輪世代”の躍進。
~世界Jr陸上で輝いた日本人選手~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/15 10:30

“東京五輪世代”の躍進。~世界Jr陸上で輝いた日本人選手~<Number Web> photograph by AFLO

日本人初の9秒台が期待される桐生祥秀は世界ジュニア陸上選手権100m、10秒34で銅メダルに終わった。

 世界ジュニア陸上選手権は、7月22日から27日まで米国オレゴン州ユージンで行なわれ、日本選手団は史上最高の成績を収めた。陸上競技では、19歳以下が「ジュニア」に分類されている。この大会は1986年から行なわれており、今年で15回目。つまり今回の成績は、この28年間で最高の成績ということだ。

 メダルの獲得は6個で、これは日本として史上最多。6個というのは英国、エチオピア、ロシア、ジャマイカ、中国と並んで世界で3番目の成績だ(トップは米国、2番目はケニア)。そして今回の成果は、これだけではなかった。8位以内の入賞者に関して、1位8点~8位1点という具合にポイント制でランキングを作成してみると、日本は米国、ケニア、ドイツに次いで4番目の成績だったのである。

 確かに、世界ジュニア選手権には、五輪や世界選手権ほど多くの国が力を注いでいるとは言えないだろう。例えば今回、日本が銀メダルを獲得した男子1600mリレーには、強豪のロシア、ブラジルが出場していなかった。世界ジュニア選手権の結果が、そのまま将来の五輪、世界選手権の結果を予測しているとは言えない。

 だが、そのうえで、やはり今回の結果には注目すべき点がいくつかある。そのポイントについて、詳しく見ていこう。

男子走り幅跳び、三段跳びの2種目で決勝進出する快挙。

 まず注目したいのは、日本が近年、世界大会で目立った活躍のなかった男子の走り幅跳び、三段跳びという2種目で、それぞれ2人の選手が決勝に進出したことだ。

 走り幅跳びでは、城山正太郎(東海大北海道)が追い風2.4mの参考記録ながら7m83を跳んで銅メダル、この種目では日本ジュニア史上20年ぶりのメダルを獲得した。城山は6回目に公認記録で自己ベストを2cm更新する7m72も跳んでいる。もう1人、まだ高校生の佐久間滉大(法政二高)も自己ベストを4cm更新する7m71を跳んで5位だった。

 三段跳びでは山本凌雅(りょうま/順大)が15m89で7位入賞。この種目では22年ぶりの入賞となった。興味をひかれるのは予選で追い風2.2mの参考記録ながら16m27を跳んでいることだ。自己ベストは16m10。追い風は2.0mまでなら公認されるだけに惜しいところだったが、彼の実力がこのあたりにあることは間違いない。高橋佑悟(立命大)も決勝は15m76で9位だったが、予選では追い風2.0mの中、自己ベストを8cm更新する15m92をマークしての決勝進出だった。長らく日本が低迷していたこの跳躍2種目で、こうした選手が出てきたことには注目したい。

【次ページ】 世界の舞台で自己ベストを記録した選手が多数いた!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
城山正太郎
佐久間滉大
山本凌雅
高橋佑悟
森雅治
油井快晴
小池祐貴
塩尻和也
山下優嘉
高松望ムセンビ
五藤怜奈
峰村かな
桐生祥秀
東京五輪

ページトップ