REVERSE ANGLEBACK NUMBER

楽しいと同時に恐ろしさすら感じる。
大谷翔平の早送りのような成長度。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/07/17 10:30

楽しいと同時に恐ろしさすら感じる。大谷翔平の早送りのような成長度。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

7月5日に20歳の誕生日を迎えた大谷翔平。7月15日時点で、投手として8勝1敗、打者として打率2割8分を記録している。

 ここ数試合の大谷翔平の投球を見ていると、すぐれた選手を見る楽しさを感じるのはもちろんだが、それと同じくらいの恐ろしさを感じる。高く飛び上がったボールがぐんぐん伸びて、どこに着地するのか見当もつかない。

 大谷の投球といえば、160kmが出たかどうかがまず注目される。確かに、先発投手でそんな球速のストレートを何度も投げるような投手はいなかったので、注目されるのもしかたないのだが、それだけならゴルフのドラコン王みたいなもので珍しくはあってもあまり価値はない。最近の大谷は、その球速を十分にわがものにして武器として使いこなしている。球威があるだけではなく、まるで画像の早送りみたいに投球が急激に成熟しているのだ。

最も脂っこいところから三振を取る。

 7月2日のライオンズとの試合は球場で見た。この試合は7回2失点でリードを保ったまま降板した。そのあと逆転されたので勝ち星はつかず、160kmを超える投球もなかったので本人は不満だったようだ。しかし、見ている側は不満どころか十分納得させられる投球だった。7回打者29人から奪った三振は12個。

 これだけでもみごとなものだが、その内訳には驚かされた。ライオンズの栗山巧、中村剛也、メヒアの3、4、5番から半分の6個を奪ったのだ。ちょうど均等に2個ずつ。付け加えれば6番の木村文紀からも3個奪ったので、最も脂っこいところから三振の大半をもぎ取ったことになる。

 本人は調子がよくないと語っていたが、中軸からこれだけの数の三振を奪う投手の、どこが不調なのか、さっぱりわからない。

 感心したのは三振の数や取った相手だけではなかった。そのギアの使い方にも驚くというか呆れさせられた。

【次ページ】 ルーキーの田中将大は力んで勝負していた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
田中将大

ページトップ