野球クロスロードBACK NUMBER

ロッテ移籍も浮上の糸口はつかめず。
涌井秀章に今何が起こっているのか? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/07/07 11:05

ロッテ移籍も浮上の糸口はつかめず。涌井秀章に今何が起こっているのか?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

7月6日時点で3勝7敗、防御率は4.22と結果がついてこない涌井秀章。被安打や四死球が目だって多いわけではなく、ランナーがいる状態での投球が課題になっている。

「これで優勝を狙える戦力になった」

 ロッテの伊東勤監督は、昨年、西武の指揮官時代に育てた愛弟子をFAで獲得できた喜びを、このように言い表した。

 当然、涌井秀章にも期する思いがあった。

「自分の気持ちを入れ直すためにも、新天地でやり直したかった」

 西武時代の2012年から2年間、先発として機能できなかった自分を悔いるように、ロッテでの再起を誓っていた。

 しかし、現在をもって涌井に奮闘が見られないのは、数字を見ても明らかだ。

 3勝7敗、防御率はリーグワースト2位の4.22。現在、借金8の4位で、最下位とのゲーム差が3(7月6日現在)と不振に喘ぐロッテにおいて、涌井のパフォーマンスは「優勝請負人」には程遠く、それどころか戦犯扱いされてもおかしくないのだ。

「何でああなるか分からない」と伊東監督も首をひねる。

 ローテーションの柱として迎えた今シーズンは、初登板から2連敗。それでも3戦目には、古巣・西武相手に7回5安打2失点と好投し初勝利を挙げた。

「こんだけ投げられるなら最初から投げろ」。指揮官の激励に、涌井も「やっと一段落ついた」と溜飲を下げた。

 だが涌井は、この日の投球で波に乗ることができなかった。

 次戦のオリックス戦で8回6失点と乱れ、伊東監督に「ワーストゲーム」と酷評された。4月29日の楽天戦では7回途中無失点で2勝目を挙げたが、次の試合から全く勝てなくなった。6月21日の中日戦で7試合ぶりの勝ち星を手にしたが、この日も5回3失点。四球がらみでの失点だっただけに、指揮官からは「何でああなるか分からない」と苦言を呈された。

 自分の投球で自分を追いつめている。6月28日のオリックス戦、涌井は遂に「最後通告」を受ける。

 序盤に3点を奪われるなど安定せず、7回1/3を投げ8安打4失点で7敗目。試合後、伊東監督ははっきりと言った。

【次ページ】 西武時代と同じく、中継ぎへの配置転換の可能性が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
千葉ロッテマリーンズ
伊東勤
埼玉西武ライオンズ
涌井秀章

ページトップ