ブラジルW杯通信BACK NUMBER

日本の「コンセプト」を呼び覚ませ。
本田のゴールが日本にもたらす効果。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/17 10:30

日本の「コンセプト」を呼び覚ませ。本田のゴールが日本にもたらす効果。<Number Web> photograph by Getty Images

南アフリカ大会から通算3得点、日本のW杯史上最多得点者に躍り出た本田圭佑。エースが決めれば、チームは動く。ドログバがコートジボワール戦で見せた「エース」の存在感を発揮できるか。

 初戦の黒星は重い。コロンビア対ギリシャ戦をテレビで観た後は、さらに重くのしかかる。

 主砲ファルカオを欠いているものの、コロンビアは強い。ハメス・ロドリゲスとクアドラドを軸とした攻撃は、緩急自在でソリッドだ。得点源となるテオフィロ・グティエレスも、ストライカーとしての資質は高い。

 スコアと時間帯に応じた巧妙な試合運びは、マリーシアをぶつけ合う南米予選やコパ・アメリカで磨かれたものだろう。コロンビアから勝点3をつかむのは、相当にタフなミッションと言わざるを得ない。

思い出した2006年オーストラリア戦の屈辱。

 コートジボワール戦の前半が終わった段階で、僕は2006年のオーストラリア戦を思い出していた。中村俊輔のFKがそのままゴールへ吸い込まれる幸運な先制点で、日本は前半を1-0で折り返した。だが、オーストラリアを統べるフース・ヒディンクは、有効な交代カードを持っていた。長身FWジョシュア・ケネディ、パワフルな突破を武器とするジョン・アロイージである。

 果たして、61分にケネディ、75分にアロイージが登場することで、日本の守備陣は激しいストレスにさらされる。ゴール前を襲ってくるハイクロスにDFラインが後退を強いられ、ボールの出どころにプレッシャーをかけられない。守備に忙殺される攻撃陣は、自分たちの強みを発揮できず──。

 日本サッカーの歴史に刻まれる'06年大会の敗戦は、ドログバ登場が滑落の引き金となったコートジボワール戦に重なる部分が少なくない。6月14日のレシフェでザックが切ったカードは、残念ながらピッチの色彩を変えるに至らなかった。'06年のジーコと同じように。

【次ページ】 決めるべき選手が決めたチームへの期待感。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
森重真人
川島永嗣
本田圭佑
ブラジルW杯

ページトップ