スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

田中、ダルビッシュ、岩隈、松坂。
4人の日米成績比較から見えるもの。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/14 10:40

田中、ダルビッシュ、岩隈、松坂。4人の日米成績比較から見えるもの。<Number Web> photograph by Getty Images

メジャーでは珍しく、感情をむき出しにして投げる田中将大。その圧倒的なエネルギー量は日本時代のままだ。

 日本時間6月11日、12日は日本人メジャーリーガーの“競演”となった。

 松坂大輔(メッツ)、岩隈久志(マリナーズ)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)、そして田中将大(ヤンキース)が2日間で見られるという、贅沢を味わった。

 もっとも印象的な投球を見せたのは、ダルビッシュ。マイアミ・マーリンズ相手にメジャー移籍後初となる完封勝利をマークした。前回の登板では球離れが早く、4失点を許したが、きっちり中4日で調整してきた。

 その数時間後、今度は田中がシアトル・マリナーズ相手に9回一死までは無得点に抑えていたが、そこで本塁打をあびて2失点。残念ながら完封はできなかったものの、「オールスターの先発は田中か?」という評判通りの投球を見せた。

「一喜一憂しない」という成功法則を覆す田中将大。

 それにしても、田中のマウンド上でのアクションは面白い。

 昨年の日本シリーズでは、ロペス(巨人)を三振にとって叫び、一触即発の状態になったが、メジャーに移ってからも、自分の投球が出来ないときの感情表現が分かりやすい。

 四球を与えると、明らかに自分に怒っている。

 マリナーズ戦でも、本塁打を打たれたあとは明らかにスイッチが入り、2者連続三振でゲームセット。しかし、失点したことにはかなり立腹の様子で、試合終了直後は厳しい表情のままだった。

 これまで、私は取材を通して、メジャーで活躍する秘訣は「結果に一喜一憂せず、淡々と仕事をこなしていくこと」という話を、日本人だけでなく、いろいろな国の出身のメジャーリーガーから聞いてきた。

 しかし、田中は違う。

 ひとつひとつの自分のプレーに感情を露わにする。

 シーズンを通してどんな結果が残るのか、楽しみだ。

【次ページ】 4人の日本時代の成績を並べてみると……?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ニューヨーク・ヤンキース
田中将大
岩隈久志
ダルビッシュ有
テキサス・レンジャーズ
シアトル・マリナーズ
松坂大輔
ニューヨーク・メッツ

ページトップ