ブラジルW杯通信BACK NUMBER

ザンビア戦は“敗戦に近い”逆転勝利。
本田、吉田、ザック……漂う危機感。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/07 14:00

ザンビア戦は“敗戦に近い”逆転勝利。本田、吉田、ザック……漂う危機感。<Number Web> photograph by Getty Images

「前の試合と同じ。先に失点したので課題が残りますね。まだビデオを見ていないので何とも言えないですけど……次までに修正しないと」。試合後、淡々とコメントした本田。

 米国最後の夜はW杯グループリーグ初戦のコートジボワール戦に大きな不安を残すものとなってしまった。

 6月6日、“仮想コートジボワール”ザンビアと対戦したザックジャパンは、コスタリカ戦に続いて立ち上がりに先制点を奪われる苦しい展開。打ち合いの末に4-3の逆転勝利を収め、昨年11月のベルギー戦から続く連勝を5に伸ばしたものの、守備の課題が改めて浮き彫りになる内容にチームの誰もが危機感を見せた。

得点しても、勝利しても……笑顔を見せない本田。

 西日の残るレイモンド・ジェームススタジアムには7275人の観衆がいた。スタンドではため息と歓声が交互に響いていたが、ピッチに流れる空気は最後まで完全に晴れることはなかった。

 2点を追う前半40分、PKを決めて1点を返した本田圭佑は険しい顔を寸分も変えなかった。後半30分に、一時は勝ち越しゴールにもなった3点目を決めたが、それでも表情は変わらない。4-3で勝利を収めた終了時もしかり。

 喜ばない本田の姿がすべてを物語っていた。

 世界ランク76位のザンビアから、ザックジャパンは冷水を浴びせられたのだ。

「テストできる最後の場」。アルベルト・ザッケローニがそう言っていたこの試合の日本代表先発メンバーは、右膝に不安の残る長谷部誠を除けば、好成績を残した昨年11月のオランダ戦、ベルギー戦に近い布陣。GKにはオランダ戦以来5試合ぶりとなる西川周作が入っていた。

課題だった試合序盤戦での失点、再び。

 キックオフ。

 立ち上がりは互いに様子を見ながらも、手足が長く、思いのほか運動量もあったザンビアに対し日本はチーム全体が戸惑いを見せていた。本田には19番のシンカラがマンマークで付いており、中央エリアへのパスは厳しく監視されていた。

 すると、9分。ザンビアはゴール前でのボール回しから、サイドを変えて右へ展開。右からのクロスをニアのマユカにワンタッチでつながれ、ファーサイドでワンバンドしたところをC・カトンゴに頭で押し込まれた。ゴール前の人数は足りている状態。しかし、バイタルエリアでパスをつながれ、ラインが下がってしまっていた。

【次ページ】 吉田、内田らも翻弄された相手選手のリーチの長さ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
本田圭佑
遠藤保仁
吉田麻也
内田篤人
西川周作
長谷部誠
岡崎慎司
香川真司
ブラジルW杯

ページトップ