ブラジルW杯通信BACK NUMBER

元コロンビア代表の日系人がいた!
道工薫、90歳のサムライ蹴球人生。 

text by

北澤豊雄

北澤豊雄Toyoo Kitazawa

PROFILE

photograph byToyoo Kitazawa

posted2014/06/09 10:30

元コロンビア代表の日系人がいた!道工薫、90歳のサムライ蹴球人生。<Number Web> photograph by Toyoo Kitazawa

コロンビアのバランキージャ市で現在も仕事を続けている道工氏。その眼差しは「サムライ」の文化を思わせる精悍さを湛えていた。

 コロンビアのサッカー元代表に日系人がいたことはあまり知られていない。国内屈指の名門「サンタフェ」でキャプテンマークを巻いた男は、1951年にコロンビア代表に初招集され、左サイドバックとして背番号6を背負った。今年で90歳を迎えた道工薫(どく・かおる)は、日本戦を前に何を思うのか。コロンビアで話を聞いた。

元コロンビア代表選手だった90歳の日系人。

 コロンビアの首都ボゴタを高速バスで北上しておよそ22時間、赤茶けた大地の先にスモッグで煙る高層ビル群が見えてくる。人口約186万人の工業都市バランキージャ市は国内第4の都市だ。道工はバランキージャ市の「日本・コロンビア友好協会」会長として繁華街のやや外れに事務所を構えている。目の前の通りには布地屋やボタン屋や雑貨屋が軒を連ね、褐色の肌を持つ人々が日中の猛暑にうんざりしながら往来していた。

現在のバランキージャ市の様子。南米の街らしく活気に溢れている商業都市である。

 事務所のデスクに座る道工と向き合ってすぐに尋ねた。

「日本との対戦が決まった瞬間、何を思いましたか?」

 背筋をぴんと伸ばしたまま、目を細めて、遠くを見た。90歳になった今でもステーキをぺろりと平らげる道工は、一呼吸置いてから、嗄れたような声で話し始めた。

「私の現役時代には想像もできないことでした。私はコロンビアにプロリーグが発足した1948年、24歳のときからプロとしてプレーを始め、1959年の35歳で現役を終えました。その頃のコロンビアでサッカーといえば、意識するのはアルゼンチンとウルグアイとパラグアイです。意識の先に日本はないのです。だから対戦が決まったときは信じられなかったけれど、それよりも、どちらを応援すれば良いのか困ってしまいました。なぜなら私の心は日本にあり、いつも日本のことを思っているからです。まずはそのことからお話ししましょうか」

 十畳ほどの広さの事務所の壁には栄光に彩られた過去の足跡がくっきりと刻まれていた。トロフィー、優勝カップ、額縁に収まった写真、自身のインタビュー記事が掲載された新聞記事……。だが、ひときわ大きな額縁はコロンビア代表に初招集されたときの集合写真でもなければ、コロンビア現大統領、ファン・マヌエル・サントスとのツーショット写真でもない。そこには1990年に「勲五等瑞宝章」を受勲したときの賞状が収まっていた。

【次ページ】 コロンビアサッカー界のエリートの地にて。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
道工薫
ブラジルW杯
コロンビア代表

ページトップ