Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<CBの4人に喝> 直撃! 秋田道場 ~今野、森重、伊野波、吉田に聞く~ 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2014/06/12 11:00

修羅場を経験した者だけが知る境地がある。
'98年、不動のCBとしてフランスW杯を戦った
秋田豊氏は、如何なる答を彼の地から持ち帰ったのか。
代表に密着した鉄人が、“戦地の心得”を伝授する。

 ワールドカップへの、イメージはあるか。

 5月23日午前、羽田空港。日本代表が合宿を行なっている鹿児島行きの飛行機への搭乗を待つ間、秋田豊氏がキーワードを明かした。

「いろんなタイプの選手と戦うW杯では、事前にイメージを持っているかが大事になるんです。例えば僕は、'98年フランスW杯の時に、アルゼンチンのバティストゥータやクラウディオ・ロペスなど、異なる特徴を持ったストライカーと対戦しました。そのとき事前に考えていたのは、体の強いバティストゥータに対しては普段より10cm後ろにポジションを取る。スピードを活かして背後を狙ってくるC・ロペスには、20cm下がることで、あえて足元にパスを出させる。そうやって大会前から対戦相手を想定して準備することで、初めてのW杯にも対応することができたんです」

 ブラジルW杯で日本と対戦する国々も、さまざまなストライカーを最前線に配置する。圧倒的な高さと強さを誇るコートジボワールのドログバやボニー、隙あらばシュートを狙うギリシャのミトログル。彼らを迎え撃つザックジャパンのセンターバック(CB)たちは、どんなイメージを描いているのか。彼らの考えを聞くために、また自身の経験を伝授するために、日本屈指のCBとして2度のW杯を知る秋田氏が、機上の人となった――。

ボランチもCBもサイドバックもできる今ちゃんは必要。

 16時、指宿。報道陣に公開された午後練習を取材した秋田氏はミックスゾーンに移動し、取材エリアの最後尾に“秋田道場”を構えた。最初にやって来たのは今野泰幸だ。簡単な挨拶を交わした後、秋田氏は最近の彼に感じていた不安を、さっそくぶつけた。

秋田   今シーズン、ガンバではボランチ、代表ではCBでプレーしている。もう慣れた?

今野   やっぱりCBが、しっくりきますね。

秋田   以前、「本当はボランチよりもCBのほうがいい」と言っていたよね。

今野   なんか、そのときどきによるんですよね。僕の感覚みたいなものが。

秋田   ボランチもCBもサイドバックもできる選手なんて、なかなかいない。そのピースとして、今ちゃんが必要だと思うんだ。

今野   ザックさんが信頼して使ってくれるなら嬉しいし、自分の売りでもありますからね。

秋田   でも、アジアカップ決勝で「ボランチに移れ」と言われた時は、「できない」って×サインを出したよね(笑)。

今野   あのときはそうでしたね(笑)。

秋田   W杯では、もう言わないでね(笑)。

【次ページ】 秋田氏が今野に対して取り戻してほしい感覚とは?

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ