SCORE CARDBACK NUMBER

純朴な“怪物”逸ノ城の大いなる野望。
~史上最速の新十両、その威圧感~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph bySANKEI SHIMBUN

posted2014/05/18 06:00

純朴な“怪物”逸ノ城の大いなる野望。~史上最速の新十両、その威圧感~<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

横審の稽古総見に参加した逸ノ城。ぶつかり稽古ではモンゴルの先輩・玉鷲の胸を借りた。

 3横綱が揃い、初まげ姿の遠藤が話題となった5月場所が、にぎにぎしく幕を開けた。十両の土俵で耳目を集めるのは、モンゴル出身初の幕下15枚目格デビューから、史上最速所要2場所で新十両昇進を決めた逸ノ城(いちのじょう)だ。「モンゴルの怪物」と形容されるその巨体は、公称191cm、186kg。21歳ながら、「実はまだ身長が伸び続けていて、今は193cmはあるんですよ」と、師匠の湊親方(元湊富士)が、驚きながらも語ってくれた。

 場所前の逸ノ城は貴乃花部屋に単身で「居候」。同郷で同じ鳥取城北高校相撲部出身の貴ノ岩と、連日三番稽古に励んでいた。でっぷりと大きく張った尻と、てっぽう柱のように太い脚。得意の型は右四つで、右を差して引きつけ、胸を合わせた時の圧力は、幕内の貴ノ岩を圧倒するほどの威力を見せつけていた。

「まだまだ差し身に気を取られ過ぎ。左上手を取ってから、『いつでも差せるぞ』という形にならないとね。立ち合いをもっと速くするのが課題かな」

 師匠はそう言いながらも、その大器の姿に目を細めてもいた。

「おかみさん、僕、締め込みは何色が似合いますかね?」

 本名アルタンホヤグ・イチンノロブは、ウランバートルから約400km離れた草原、アルハンガイ出身だ。昔ながらの遊牧民で、幼少時から馬を乗りこなし、モンゴル相撲を始め、鳥取城北高校のスカウトを受けて2010年に来日。高校卒業後は「実業団横綱」のタイトルを得て、今年1月、満を持してプロ入りした逸材だ。新十両昇進会見では、「もっともっと稽古して横綱になりたい。(十両在位)1場所で幕内に行きたいです」と、その純朴な顔で臆面もなく言い切っていた。師匠は、「素直で真面目。しっかりしている」と、その人となりにも太鼓判を押す。湊部屋のおかみさんが、こんな秘話を明かしてもくれた。

「見た目と違って性格は可愛いんですよ。昇進が決まり、『おかみさん、僕、締め込みは何色が似合いますかね?』とうれしそうに訊いてきたり、一所懸命にサインの練習をしてうまく書けず、ひとりでやけっぱちになったりしてます(笑)」

 鮮やかなブルーの締め込みを白い巨体にまとった逸ノ城は、この5月、白鵬や日馬富士、鶴竜の3横綱も成し得なかった「新十両優勝」に挑む。

関連コラム

関連キーワード
逸ノ城

ページトップ