SCORE CARDBACK NUMBER

人種差別騒動にも負けず、戦い続けるクリッパーズ。
~オーナーの失言が生んだ結束~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/05/16 06:00

選手たちは練習着を裏返してチームのロゴを隠すことで、オーナーの差別発言に抗議した。

選手たちは練習着を裏返してチームのロゴを隠すことで、オーナーの差別発言に抗議した。

 ロサンゼルス・クリッパーズのヘッドコーチ、ドク・リバースは、シーズン前から選手たちに、「苦しい時を乗り越えたチームこそチャンピオンになることができる」と言っていた。元選手として、'08年にボストン・セルティックスを優勝に導いたヘッドコーチとしての経験からくるアドバイスだった。

 それだけ経験豊かなリバースにも想像もできなかったような逆境が、4月末、チームを襲った。プレイオフ1回戦のシリーズ中に、チームのオーナー、ドナルド・スターリングの人種差別コメントがゴシップ系ウェブサイトTMZに掲載されたのだ。自宅で録音された会話の中で、スターリングははっきりと黒人差別思想を口にし、チームの黒人選手たちについても、奴隷制時代に通じるような差別思想と取れる発言をしていた。

 他のNBAチームと同じく、クリッパーズは所属選手の大半が黒人選手。リバース自身、かつて人種差別が原因の放火被害にあったこともある。チーム全員、怒りで目の前の試合のことを考えられないような数日を送った。辛いのは、無知な人の馬鹿げた発言と片付けられないことだった。自分たちが試合をすることで、そのオーナーが儲けているのは紛れもない事実だ。ボイコットも真剣に考えた。

「お互いを本当の意味で信頼することを覚えた」

 幸い、NBAの対応が迅速だった。問題発生から4日もたたないうちにシルバー・コミッショナーが、スターリングに罰金と永久追放(経営参加禁止)を科し、強制チーム売却決議をオーナー会議に進言するという強い処分に出たことで、ボイコットを避けることができた。選手たちもプレイオフの対戦相手に気持ちを向けることができた。その結果、3勝3敗からの最終戦で勝利をあげて1回戦を勝ち抜いた。

 リバースは、この経験を通して学んだことは「信頼」だと言う。信用できなくなったオーナーのために戦う矛盾に悩んだ時、選手、コーチらがお互いを信頼し、コミッショナーを信頼して、気持ちをひとつにして戦い抜くことができた。

「この逆境を乗り越えたことで、お互いを本当の意味で信頼することを覚えた」

 オーナー問題の今後も、プレイオフの戦いも、生易しいものではない。それでもこのチームなら最後まで一丸となって戦える。そんな自信が芽生えていた。

関連コラム

ページトップ