Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<日本人選手“100人に聞きました”> '13-'14欧州サッカー マイベストプレイヤーズ。 ~浦和レッズ編~  

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/17 10:00

Number851号に掲載された、日本のサッカー選手100人に
ベストプレーヤーを選んでもらう大アンケート企画。
本誌に掲載しきれなかった選手のみなさんのアンケートを、
NumberWeb上で公開します! 今回は浦和レッズ編です。
   鈴木啓太   梅崎司   永田充   矢島慎也

浦和レッズ 鈴木啓太
       (浦和レッズ・MF)

マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ダンテ(バイエルン)
ダビド・アラバ(バイエルン)
アンドレア・ピルロ(ユベントス)
2列目
フランク・リベリー(バイエルン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)

選考理由

 リベリーについては説明の必要がないのでは。パスもクロスもドリブルも超一流で、1対1の局面ではまず負けない。ダンテは強さと高さに加え、左足の1本のパスで戦況を打開できる。ノイアーの足技は、フィールド選手に引けを取らないほど質が高く、つなぎの技術はかなり高度だ。

ベスト1 アンドレア・ピルロ(ユベントス)
ベスト2 セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
ベスト3 フィリップ・ラーム(バイエルン)

選考理由

 慌てず、焦らず涼しい顔をしながら相手の一番嫌がる急所へパスを出す。ピルロは本当にかっこいい。そんな所を狙っていたの、という風情のワンタッチパスが素晴らしい。ブスケッツは技術とずる賢さを備え、スター軍団のバルサの中で舵取りを任されている。ラームは左サイドの専門家だったのに、1年目で一級のボランチになった。技術が高く、攻守の切り替えが実に早い。

フランク・リベリー(バイエルン)

セリエA

バイエルン

 

<次ページへ続く>

【次ページ】 続いては、2列目の梅崎司選手!

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ