日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

J2から狙う「1%」のW杯代表入り。
川口能活は、今なお川口能活である。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/07 10:40

J2から狙う「1%」のW杯代表入り。川口能活は、今なお川口能活である。<Number Web> photograph by Getty Images

川口能活はブラジルW杯を38歳で迎える。最年長出場は1994年アメリカ大会に出場したカメルーンの42歳、ロジェ・ミラ。

 99%ない。

 川口能活が5大会連続となるW杯メンバーに入る可能性は、現実的にはほぼ、ないと言える。

 ただ、彼があきらめることは決してない。

「(ブラジル行きの目標は)持っているし、少しでも可能性がある限り、あきらめる必要なんてないと思ってますよ」

 3月下旬、岐阜で会った彼の目はギラついていた。

 38歳にして、川口はゼロからの再スタートを切っている。

 昨年、ジュビロ磐田から契約非更改を告げられ、FC岐阜の新監督に就任したラモス瑠偉監督から誘いを受けた彼は、キャリアで初めてJ2の舞台を経験することになった。

 今年からは、J1とはまるで違うハングリーな環境に身を置いている。岐阜はクラブハウスを持たず、練習場も転々とする。スパイクや練習着も基本的に自己管理となり、家族を置いての“単身赴任”のため、洗濯も自分でこなす。朝6時に起きて、近くの外食チェーン店で朝食を取る日々を続けているのだ。

「よく言われるんですよ、“大変でしょ”って」

 日本代表国際Aマッチ出場数は、遠藤保仁、井原正巳に続く3位の116キャップ。言うまでもなく数々の伝説を残してきた日本の“レジェンド”にとって、あまりに厳しい現実だと思えてならなかった。

 大変でしょ?

 思わずその言葉を口にすると、川口はフッと笑った。

「よく言われるんですよ、その“大変でしょ”って」

 わずかに白い歯をのぞかせた後、彼は首を軽く横に振る仕草を見せた。

「いや全然、大丈夫なんです。高校の合宿ではこんな感じでしたから。純粋にサッカーをしたいという思いで岐阜にきたし、自分を必要としてくれている監督、チームのもとで自分がピッチに立って、プレーできて、サポーターに見てもらえる……。そう考えたら練習場が変わろうが、自分で洗濯しようが苦になんてまったくならないですよ。

 チームではキャプテンをやらせてもらっているし、信頼してくれる人たちのもとでサッカーをやれることほど嬉しいことはない。だから環境面は自分にとってそれほど重要じゃないんです。ラモス監督、チーム、サポーターの信頼に応えるために、やるべきことをやっていきたい」

【次ページ】 昨年は22チーム中21位、発展途上の岐阜。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
川口能活
FC岐阜
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ