SCORE CARDBACK NUMBER

杜の都から横浜へ。
楽天・渡辺、涙の移籍。
~“野村門下生”尾花監督の下へ~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/01/10 08:00

杜の都から横浜へ。楽天・渡辺、涙の移籍。~“野村門下生”尾花監督の下へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

チームリーダーの山崎武司も「出すべき選手ではなかった」と球団の対応に苦言を呈した

 ある場所から去ることになった時、心から涙を流してくれる人が何人いるかで、その人の価値が決まる。楽天・渡辺直人の横浜移籍が決まった時、鉄平、嶋基宏、草野大輔が悔し涙を流しているのを見て、若い頃に読んだ本に記されていた一節をふと思い出した。

「女性以外に3人も泣いてくれる人がいたんだ。それってすごいことじゃない」

 渡辺に声をかけると、何とも所在無げな作り笑いを返してくれた。

 昨年最下位に沈んだ楽天は岩村明憲、松井稼頭央の元メジャーリーガーで二遊間を補強し、岩隈久志のポスティングで得た落札金でふたりの年俸を払う、という青写真を描いていた。ところが交渉が不調に終わり、岩隈の残留が決定。そこで同じ内野手の渡辺が放出されることになったのだ。控えで置いておくよりも金銭トレードで金にしたい、そう思われても仕方のないトレードだった。

 ブラウンが指揮を執り出場機会が減った昨季「なぜダメなのか」と説明を求めたことも、フロントから小うるさいタイプと思われたのかもしれない。

野村克也を師と仰ぐ尾花高夫と野村野球の申し子・渡辺直人。

 渡辺は野村克也監督就任2年目の2007年に大学・社会人ドラフト5巡目で入団。野村監督の評価が高く、野村野球の申し子といわれる選手だった。一度だけ宴席をともにした時、若手が野村監督のボヤキに不満を言う中で、監督の意図はここにあるのだから、と仲介役を買って出ていたことを今でも憶えている。

 渡辺は移籍が決まった夜、野村克也に電話を入れ、「よそのメシを食うことは視野が広がる」とアドバイスをもらった。また世話になった仙台の知り合い一人ひとりに電話で挨拶を済ませ、誰もいないロッカールームで私物を整理していた時、渡辺を師匠と呼ぶ鉄平が「お手伝いさせて下さい」と声をかけてきた。さすがにこの時は涙が止まらなくなったと言う。

「今は横浜で自分のポジションをどう獲るか、それしか考えないようにしている」と渡辺は言うが、ショートには売り出し中の石川雄洋がおり、熾烈なポジション争いになることは確かだ。

 3年連続最下位の横浜は「自己犠牲」という発想がないチーム。勝つためには泥臭いプレーも厭わない渡辺は、野村克也を師と仰ぐ尾花高夫にとって、何より頼りになる存在になるかもしれない。

■関連コラム► 横浜ナインの野球感を覆す、カウント1-3における渡辺直人の選択。
► 人気と戦力以外に必要な事がある! 楽天が渡辺直人と共に放出したもの

関連キーワード
渡辺直人
横浜ベイスターズ

ページトップ