ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

潔癖にして赤裸々。
アスリートによる最良の一冊。
~『マラソンの青春』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/02/03 06:10

潔癖にして赤裸々。アスリートによる最良の一冊。~『マラソンの青春』を読む~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『マラソンの青春』君原健二/高橋進著 時事通信社 現在絶版(1975年刊)

 本書は五輪3大会、東京(8位)、メキシコ(2位)、ミュンヘン(5位)に連続出場した名マラソン走者の現役時代の回顧録。1973年に32歳で競技生活から身を引いた2年後に出版された。日本のアスリートの手になる本としては異色で、最良の一冊だ。

 異色とはこんなところ。ミュンヘン五輪を前にした北海道合宿での日記の一節。

「アマチュア・スポーツは余暇にすべきものである。それが日本代表というユニフォームを着せられて踊らされている。犠牲、忍耐がいかに立派な美徳であるかのように思いこませている。俺は演技者でも国の手先でもない。俺は夫であり親である。夫として親としての役目も果たしきらないものが、なんで誉れなどでありえようか」

三度の五輪を実体験したからこその赤裸々な告白。

 五輪代表に複数回選ばれたことにも、五輪は「出来る限り多くの人が経験してこそ五輪創始の精神に合致する」、一人でこの希少価値の座を何度も占めてよいのか、と疑問を持つ。自分は弱く、ダメな人間だと繰り返し、「自殺」まで考えたという箇所が二度も出てくるのには驚いた。潔癖で自分に厳しいその姿勢。成功美談が大半のアスリートの本では異色と言うしかない。

 赤裸々な告白が、だが、重くならず、むしろ爽やかなのは、ひたすら自分と向き合い、反省し、前進する実直さと、苦しい日々が著者の自然な生き方になってしまったらしい気負いのない書きぶりからだろう。

 そして中心をなす三度の五輪の闘い。レース中の身体の変化と心の動きの描写は、これはもう実体験者だけの独壇場。苦笑したのは、相手を追い抜いても先行選手が「落ちて行った」と書いていることだ。“文は人なり”で絶対ぶれない自己軽視、これが筆者の人柄なのだけれど……。

 全体の3分の1を高橋コーチが書いている。君原の原稿を読み、そんなに自分の弱みや恥部を書かなくても、と困惑したらしい。が、名コーチも自分の立ち位置から君原とマラソンを描いて本書に深みを与えた。

 本書で「心のよろいを脱い」で39年、今年73歳になる君原さんは今もマラソンを走り続けている。

関連コラム

ページトップ