セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ローマに首位追撃の秘密兵器が加入。
“Ninja”ナインゴランの数奇な人生。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/22 10:40

ローマに首位追撃の秘密兵器が加入。“Ninja”ナインゴランの数奇な人生。<Number Web> photograph by Getty Images

当初はインテル入りが有力視されていたナインゴラン。ローマはこの補強を首位追撃の契機にできるか。

 もう随分前から、MFラジャ・ナインゴランは、移籍市場の隠れた目玉だった。

 長くラブコールを送り続けてきたユベントスを筆頭に、マンチェスター・CやCSKAモスクワといった国外の強豪が加わった争奪戦には、ミラノ勢とナポリも割って入った。

 今冬、市場屈指の人気銘柄だった彼を2位ローマが競り落とした。首位ユーベ追撃に向けて、後半戦の起爆剤がどうしても必要だったのだ。

「首都ローマに来たからには、もちろんスクデットを狙う」

 ナインゴランは、離島サルデーニャのカリアリから、ついに日の当たるタイトル争いの場へ打って出た。

 どこから見てもアジア系の風貌なのに、ナインゴランにはベルギー代表歴がある。

 26年前、ベルギー北部のアントワープでフラマン人の母リジィから生を授かった。インドネシア人の父親が、母国語で“帝王、君主”を意味するラジャという名を与えてくれた。

 ラジャがまだ小さかったある日、父は母と息子を残して失踪した。理由は今もわからない。

「父は、俺と母を見捨てたんだ。長いこと、母と苦しい生活を送ってきた」

監督が変わっても、重宝され続けたナインゴラン。

 幼いラジャは、王様どころか、今日のパンにも困る境遇に突き落とされた。彼は、貧困の中で地元クラブのKベールショットに入団し、サッカーを心の拠り所にした。

 17歳のときに母の元を離れ、遠いイタリアへ渡った。移籍先の2部ピアチェンツァで瞬く間にレギュラーをつかむと、サルデーニャ島のセリエAクラブの目に留まった。

 厄介な性格のチェッリーノ会長を戴くカリアリの監督職といえば、短命と相場が決まっている。

 ただし、2010年から4年を過ごしたナインゴランは、どんな監督の下でも重宝された。「DF前のアンカーとして使ってみたら、飛びぬけていた」と、'10年当時のビゾーリ監督(現チェゼーナ)は述懐する。

「攻守の切り替えをごく自然にこなすし、ロングパスの精度が高い。両脚の1歩目の踏み込みが強いから、半径3mの競り合いで勝てる相手はまずいない。とにかくルーズボールを拾ってくれるから、いろいろなクラブが欲しがったのも道理だ」

【次ページ】 畏怖と尊敬が込められた“Ninja”という呼称。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ラジャ・ナインゴラン
ローマ

ページトップ