SCORE CARDBACK NUMBER

脱・実業団で世界を目指す
異色ランナー野尻の挑戦。
~スキーから女子マラソンの道へ~ 

text by

若林朋子

若林朋子Tomoko Wakabayashi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/12/24 06:00

脱・実業団で世界を目指す異色ランナー野尻の挑戦。~スキーから女子マラソンの道へ~<Number Web> photograph by KYODO

 横浜国際女子マラソンで「異色のランナー」が日本勢最高の2位に入った。クロスカントリースキーから転向した野尻あずさ(ヒラツカ・リース)である。実業団のトップチーム第一生命を離れ、1人で練習するスタイルも「異色」だ。川内優輝や藤原新ら実業団に所属しないで成功した男子選手はいる。女子はどうか? 野尻は「開拓者」の道を走り始めたといえよう。

 野尻はスキーでバンクーバー五輪を目指すも断念し、'08年春に引退した。故郷・富山に帰省した際に後輩でアルペンスキーの花岡萌を訪ねたところ、花岡にトレーニングを指導していた地元の陸上競技関係者から長距離種目への挑戦を勧められる。バルセロナ五輪女子マラソン代表だった山下佐知子第一生命監督を紹介され、同年8月に第一生命入り。マラソンで'11年世界選手権に出場し、ロンドン五輪を狙ったが果たせず、'12年3月末に第一生命を退社した。

「視点を変えて走ることで、自分に一番合ったスタイルを見つけたい」

“脱・実業団”を決意して故郷にUターンし、1人で国際舞台を目指す野尻の選択を真っ先に支持してくれたのは、花岡ら母校・雄山高校スキー部の仲間や恩師だった。

経験不足を埋めるため、立山山麓を走り込むことも。

 そもそもウィンタースポーツの代表選手が1人で練習することは珍しくない。野尻もスキーでは大学卒業後ずっと「1人」が当たり前。ソチを目指し、単身で海外を転戦する花岡にも刺激を受けている。50km走を1週間に3回もこなしたり、立山山麓で走り込んだり。自分で考えた型破りな練習メニューには「走り続けることを体に覚え込ませ、陸上競技の経験不足を埋めたい」という意図がある。

 孤独な戦いを経て、たどりついた横浜国際では、1人で練習した“成果”を確信したが、トップのマヨロワに2分52秒差をつけられた2時間28分47秒というタイムに、今後の課題もはっきり見えた。

 今回の結果で、来年秋のアジア大会代表の有力候補に名乗りを上げた。アジア大会で優勝すれば世界選手権へ、世界選手権で8位以内ならリオ五輪代表に内定する。2大会連続で五輪のメダルから遠ざかるなど、低迷する女子マラソン界の起爆剤となるか。「走り」と「生き方」を模索しながらリオを目指す31歳である。

関連コラム

関連キーワード
野尻あずさ
山下佐知子
花岡萌
横浜国際女子マラソン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
陸上

ページトップ