セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

本田圭佑、夢を叶えたミランの10番。
カカが、バロテッリが彼を待っている。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byPICS UNITED/AFLO

posted2013/12/12 13:00

本田圭佑、夢を叶えたミランの10番。カカが、バロテッリが彼を待っている。<Number Web> photograph by PICS UNITED/AFLO

「Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。そしてレギュラーになって10番で活躍します」という小学校の卒業文集の夢を、本当に実現した本田。

 本田圭佑のACミラン入団が正式に発表された。

 CLグループリーグ最終節を当夜に控えた11日の昼、対戦相手のアヤックス首脳陣とのUEFAミーティング・ランチを前に、現地報道陣の囲み取材を受けたミランのガッリアーニCEOが公にしたもので、彼は「これまで秘密だった本田の獲得を今日、ようやく明かすことができる」と解放感たっぷりにくり返した。

 前夜のCLビクトリア・プルゼニ戦は、本田にとってCSKAモスクワでの最後の試合だった。

「公表するにあたって、イタリアサッカー協会へ契約書の法的実効性を確認した。これから日本とやり取りしながら、当局へ労働ビザ発給を申請することになる」

 そこまで一気に語ると、ガッリアーニは、クリスマスプレゼントを枕元に置くサンタクロースの顔で、残されていた秘密を明かした。

「本田の背番号は、10番だ」

注目度、影響力でも群を抜くミランは別格。

 近年、凋落傾向にあるとはいえ、ACミランが欧州サッカー界きっての名門中の名門であることには変わりがない。

 7度の欧州制覇と18回のスクデット、そして4度のクラブ世界一を成し遂げたクラブは他にはない。生粋のユベンティーノかインテリスタでない限り、あらゆるサッカー少年がミランでプレーすることを夢見る。

 メディア王であるオーナー兼名誉会長シルビオ・ベルルスコーニの肝いりもあって、国内外への注目度や影響力は、他のセリエA強豪とも一線を画している。

 今年6月のコンフェデレーションズ杯後に、本田のミラン移籍報道が過熱した。あらゆる現地スポーツ紙の1面トップで、「HONDA」の文字と写真が連日派手に競演した。

 2001年に、中田英寿がローマからパルマに移籍したときもそれなりにセンセーショナルだったが、今年の“ミラン本田誕生”に匹敵するほどのインパクトと報道量はなかった。ミランは別格なのだ。

【次ページ】 「本田はローコスト、だがトッププレーヤーだ」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
本田圭佑
ACミラン
CSKAモスクワ
マッシミリアーノ・アッレグリ

ページトップ