MLB東奔西走BACK NUMBER

上原の「息子と練習」、日本では無理?
“仕事と家族”にまつわる日米格差。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/21 10:30

上原の「息子と練習」、日本では無理?“仕事と家族”にまつわる日米格差。<Number Web> photograph by Getty Images

ワールドシリーズ第6戦の試合前のウォーミングアップ中、外野で球拾いをしながら談笑する上原浩治投手と長男の一真くん。そして、デビッド・オルティス選手の息子、ディアンジェロ・オルティスくん。

 今年のポストシーズンは日米ほぼ同時進行だった。そこで、ネットやTVでメジャー、NPB双方の試合の様子を観ながら、改めて選手を取り巻く環境の“日米格差”を実感することがあった。

 それは、選手の家族とその扱いの違いである。

 ポストシーズンの象徴的存在の1人だったレッドソックスの上原浩治投手。リーグ優勝決定シリーズ後のMVP表彰式に上原と一緒に登場し、堂々とTVインタビューに英語で応じたのが、長男の一真くんだった。彼は米国でも一躍時の人となった。

 一真くんが、ワールドシリーズ中に上原のそばでウォーミングアップや球拾いする写真が通信社を通じて次々に配信され続け、ワールドシリーズを制覇した際も上原と共にヒーローインタビューにかり出される人気ぶりだった。

 これをNPBで見てみるとどうだろう。

 日本シリーズに勝利した瞬間やヒーローインタビュー、ビールかけに至るどのシーンを切り取っても、そこには選手と家族の微笑ましい光景が登場することはない。

グラウンドに家族同伴というメジャーの“常識”。

 だからといって、メジャーにおいて上原親子が特別な存在だったわけでは決してない。

 ワールドシリーズ制覇後に上原の後にインタビューに登場したMVP受賞者のデビッド・オルティス選手も息子同伴だったし、ワールドシリーズ第1戦で好投を演じ、試合後の公式会見に出席したジョン・レスター投手も息子同伴で登場し、息子が会見場をウロウロするという姿がそのままTVで中継されている。

 それだけではない。ワールドシリーズ制覇が決まり、トロフィー授与などのセレモニーが行なわれると、グラウンドには選手の家族も当たり前のように加わっているし、クラブハウスで行なわれるシャンパンファイトも途中から家族達が登場する。

 それがメジャーの“常識”なのだ。

 こうした選手たちが家族達と触れ合う場を提供するのは、もちろんポストシーズンだけではない。シーズン中も様々なイベントが用意されている。

【次ページ】 球場内の控え室、自宅通勤、会見に同席。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
上原浩治
ボストン・レッドソックス
川崎宗則
青木宣親

ページトップ