Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<天才ドリブラーのルーツ> マリオ・ゲッツェ 「ドイツ完成形へのラスト・ピース」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2013/11/06 06:01

届きそうで届かない、世界一の玉座。およそ10年間、
ドイツは大一番で歯がゆい思いをし続けてきた。
しかし今、21歳のドリブラーが大国を変えようとしている。
「100年に1度」と評される若き才能の原点を追った。

 マリオ・ゲッツェは、足が速いわけでも、フィジカルが強いわけでもない。身長は176cm。ドイツ代表の中ではラームに次ぐ背の低さだ。ぽっちゃりしているようにすら見える。

 だが、この21歳をナメてはいけない。実際に目の前にすると、DFが動けなくなるほどの技術とアイデアを持っているのだ。

 10月15日W杯予選、スウェーデン対ドイツ――。前半はスウェーデンが1点をリードして優位に立っていた。しかし後半、流れが一気に変わる。ゲッツェが2列目に投入されたからだ。

神業フェイントで相手を翻弄した“偽9番”。

 ゲッツェは正確なトラップでパスの中継点になり、自らもゴールを狙って後半8分に同点弾。その後、体のひねりだけで相手を右に振り、左にパスを通すという神業的フェイントからアシストした。

 途中から1トップに入って、“偽9番”として相手を翻弄。ドイツに5対3の逆転勝利をもたらした。

 試合後、レーブ監督はジョーカーを称えた。

「マリオは相手の隙間にうまく入り込み、ボールを受けた瞬間に仕掛けていた。信じられないくらいモチベーションが高く、素晴らしい仕事をしてくれた」

 2006年W杯以降、ドイツはW杯とユーロにおいて常にベスト4以上の結果を残してきた。だが、優勝だけに手が届いていない。惜しいところまで行きながら、接戦になると脆さを露呈し、スペインに2度、イタリアに2度競り負けてしまった。まだ何かが欠けているのだ。

 その最後のピースを埋めるのが、ゲッツェになるかもしれない。

「彼はボールを持ったときの落ち着きがずば抜けている」

 レーブは大きな期待を寄せる。

「ドイツには、まだ弱点がある。W杯までに何としても改善しなければならない。だからこそ私は、マリオに注目している。彼はボールを持ったときの落ち着きがずば抜けている。さらに成長して、ブラジルの地で大きな力になってくれるはずだ」

「100年に1度の才能」と言われる若者が、ドイツの未来の鍵を握っている。

 ゲッツェは他の多くの選手と、決定的に異なることがある。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「将来は教授になりたい」少年に授けられた能力とは?

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ