Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<開幕前に引退発表した理由> 大畑大介 「みんなと一緒にカウントダウンを」 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKenji Demura

posted2010/12/17 06:00

<開幕前に引退発表した理由> 大畑大介 「みんなと一緒にカウントダウンを」<Number Web> photograph by Kenji Demura
センチメンタルとは全くの対極にあった。輝かしいキャリアにピリオドを
打つ今季。微塵の悲愴感も漂わせず、むしろ笑顔さえ浮かべながら、
最後の戦いを存分に満喫している。稀代のトライゲッターが、
ラストシーズンに懸ける思いを余すところなく語った。

「今シーズンで現役を引退します」

 大畑大介がそう発表したのは、今季のトップリーグ開幕を控えた8月31日だった。

 京都産業大学3年の1996年に初めて日本代表入り。初キャップの韓国戦で3トライのハットトリック・デビューを飾って以来、常に日本ラグビーのトップランナーとして走り続け、テストマッチ通算69トライの世界記録まで樹立。'07年には両足アキレス腱断裂、復帰した'08年度にも肩の骨折など、幾多のアクシデントに見舞われながら、そのたびに不屈の闘志で復活してきた。

 35歳を迎えた今季も、プレーに衰えは見えない。本来のWTBからCTBにコンバートされ、ボールを持ってロングゲインする機会こそ減ったが、背番号13を背負ったフィニッシャーは連続タックルでピンチの芽を摘み、密集でのボール争奪に身体を張り、トライチャンスをセットアップする。序盤は一時12位に低迷しながら、1カ月のリーグ戦休止期間を挟む4連勝で5位まで復調(第8節終了時)した神戸製鋼にあって、今季で引退を公言している35歳は、驚異的なワークレートでチームを支えているのだ。

――突然の引退発表から3カ月経ちました。反響はいかがですか。

「リアクション大きいですよ。アキレス腱のケガから復帰したときや世界最多トライの記録を作ったときよりも、世間的なリアクションは大きいんじゃないかな。街を歩いてたり、ゴハンを食べてたりすると『引退決めたんやて?』とか『まだまだできるやん』とか、声をかけられますよ。発表した頃は、ほぼ毎日そんな調子でした。基本、声をかけられやすいキャラなんですね。中には、もう引退したと思ってる方もいたり(笑)」

――しかし、開幕前の引退発表は異例です。

「ひとつには、シーズンの終盤になって、引退するしないで騒がれるのが嫌だった。それよりも、スッキリした気持ちでシーズンに入りたかったんです。

 もうひとつの理由は今年の僕のテーマ『集客』です(笑)。僕にとって、今回の発表は完全に『引退キャンペーン』。今までたくさんの人に応援してもらってここまで来たけれど、最近はグラウンドから遠ざかっていた人も多いと思う。そういう人に、引退した後で『見ておくんだった』『分かっていれば応援に行ったのに』と思われたら残念だし、僕自身、プレーする最後の姿を多くの人に見てほしいと思った」

――「今季限りで引退」と事前に発表したスポーツ選手は、日本ハム時代の新庄剛志選手(2006年で引退)くらいでしょう。

「それには負けたくなかったから(笑)、開幕前に発表しました(新庄は開幕後の4月18日、試合後のヒーローインタビューで発表)。それと、トップリーグが開幕するってことを知らない人もいると思ったから、宣伝の狙いもあった。開幕の前日じゃなく、週の始めに発表したのも、見に来る人がスケジュールをやりくりできるように計算したんです」

【次ページ】 「選手寿命を小出しにせず、この1年で使い切ろうと」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大畑大介
神戸製鋼コベルコスティーラーズ

ページトップ