フットボール“新語録”BACK NUMBER

スパルタクで上を目指すドリブラー。
U-18ロシア代表、篠塚一平の決断。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byShinya Kizaki

posted2013/10/18 10:31

スパルタクで上を目指すドリブラー。U-18ロシア代表、篠塚一平の決断。<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

スパルタクIIとスパルタク・リザーブに所属している篠塚一平。たびたびトップチームの練習に呼ばれていることからも、周囲の期待の高さが窺い知れる。

「ロシアは自国開催の2018年W杯に向けて、すごく若手育成に
力を入れている。その波に乗って、どんどん上を目指していきたい」
篠塚一平 (スパルタク・モスクワII)

 今季、ロシアU-18代表にも選ばれたMF・篠塚一平が新たなスタートを切った。

 所属するスパルタク・モスクワが、若手にプレーする場を増やすために『スパルタクII』を設立。これまでサテライトとしての役割を果たして来た『スパルタク・リザーブ』とともに、二本柱で育成を行なうということだ。クラブから期待されている篠塚は、その両方に登録された。

 篠塚は言う。

「実戦の機会が増えるのはすごく大きい。契約も新しくなって、年俸も上がりました(笑)」

 この18歳の日本人ドリブラーの近況に入る前に、まずは『スパルタクII』と『スパルタク・リザーブ』の違いについて説明しておこう。

大人たちに混ざって、若者は上を目指す。

 ロシア・プレミアリーグの各クラブは23歳以下が中心のリザーブチームを持っており、彼らのための全国リーグがある。昨季の優勝チームはスパルタク・リザーブで、篠塚はその優勝が決まった最終節に途中出場した。

 ただし、いくら若手のためのサテライトリーグがあると言っても、出場できる選手は限られている。そこでロシアサッカー協会は各クラブにセカンドチームを作って、ロシア2部(3部に相当)に参戦することを呼びかけた。最近、ロシア代表のアンダー年代の成績が振るわないため、協会が育成改革に動いたのだ。

 スパルタクは協会の呼びかけに賛同し、スパルタクIIを設立。序列としては、スパルタク>スパルタクII>リザーブという感じだ。他にはゼニト、ロコモティフ、ルビン、テレクがIIチームを立ち上げた。

 ロシア2部は、ロシア・プレミアリーグ、ロシア1部に続く“大人のリーグ”である。若手にとっては、力を伸ばす絶好の場だ。

【次ページ】 カルピン監督に目をかけられ、トップ合流も近い。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
篠塚一平
スパルタク・モスクワ

ページトップ