野球善哉BACK NUMBER

エースの酷使、サイン伝達騒動……。
熱戦に沸いた甲子園の“影”を考える。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/08/25 08:01

エースの酷使、サイン伝達騒動……。熱戦に沸いた甲子園の“影”を考える。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2点差の9回に足をつり、審判員の助けを借りてベンチへ下がる常総学院の飯田。彼のような事態を減らすためにも、高校野球の“美学”について今一度考え直す必要があるだろう。

 なにゆえ、そこまでエースの続投にこだわるのか。

 22日に前橋育英(群馬)の優勝で終えた今大会、投手起用について、いくつか疑問に残る采配があった。

「マウンドに自分が上がるのが当たり前になっていました。でも負けて思ったのは、ずっと起用し続けてくれた監督に感謝したいということです」

 そう語ったのは、鳴門のエース・板東湧梧だった。

 板東はこの夏の徳島県予選の4試合を一人で投げ抜いてきた。

 甲子園に入ってからも1回戦の星稜(石川)戦から敗れた準々決勝の花巻東(岩手)戦まで一度もマウンドを降りることはなかった。4季連続出場の鳴門にとって、今大会は優勝を狙っていたが、板東への負担が大きかったのは明らかだった。

「それは関係ないと思います」

 鳴門の森脇稔監督にある質問をぶつけると、表情を曇らせた。

 3回戦で鳴門は常葉菊川(静岡)を相手に17-1で勝利していた。この試合の終盤に、板東を休ませていたら、準々決勝の結果も変わっていたのではないかと尋ねたのだ。

 板東の言葉を借りれば「エースがマウンドに立つのが当たり前」――という風潮が高校野球には依然としてある。接戦時にエースをマウンドから降ろせとまではいわないが、疲労や先の戦いを考えた時、控え投手に頼るという選択肢は決して間違いではない。

 選手の疲労より、目先の勝利にこだわりすぎているように思えてならない。

地方大会から連投している各校のエースたち。

 似たようなケースで、今大会の犠牲者になったのは木更津総合(千葉)の2年生エース・千葉貴央である。千葉は県大会で4試合34回を投げた同校のエースだが、前年の秋には右肩の故障歴があるなど、必ずしも万全な状態とはいえなかった。

 2回戦の西脇工(兵庫)戦、千葉は右肩に痛みを抱えながらマウンドに上がった。

 その投球練習の姿に、言葉を失った。

 千葉は全力投球ができず、スローカーブを多投していたのだ。捕手の秋庭豪太によれば、「ストレートだと痛みが出るから、スローカーブを使った」という。

 それでもプレーボール。千葉は先頭打者に6球全てスローカーブを投げた(結果は空振り三振)。

 結局、捕手の秋庭がベンチに訴え、このあと千葉は降板した。

【次ページ】 エースのおかげで甲子園へ来れたのだが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
常総学院
常葉菊川
板東湧梧
鳴門
森脇稔
千葉貴央
木更津総合
西脇工
五島卓道
飯田晴海
浦和学院
小島和哉
花巻東
日下大輝

ページトップ