SCORE CARDBACK NUMBER

“絶対エース”の時代の終焉?
変わりつつある高校野球。
~複数投手で戦うことの優位性~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/09/06 06:00

前橋育英は高橋光成と喜多川省吾、2年生の投手2人で県大会から勝ち抜き栄冠を掴んだ。

前橋育英は高橋光成と喜多川省吾、2年生の投手2人で県大会から勝ち抜き栄冠を掴んだ。

 前橋育英の優勝で幕を閉じた甲子園。マイ・ベストゲームは準々決勝の第3試合、前橋育英対常総学院だ。

 2点リードで迎えた9回裏、常総学院は絶対エース・飯田晴海が足の不調を訴え投球不能になり、リリーフに送ったのは甲子園初登板の2年生・金子雄太。

 金子は先頭から2人を凡打に打ち取り、残り1アウトを取れば4強進出というところまでこぎ着けるが、内野手のエラーをきっかけに同点に追いつかれ、延長10回にサヨナラ負けを喫している。

 たった1球の行方で明から暗に移り変わる高校野球の怖さ、面白さをあまりにも鮮明に映し出した試合を観て、ゲーム終了後、私はしばらく記者席の背もたれに体を預け、茫然としていた。

 この勝利で勢いに乗った前橋育英は準決勝で日大山形、決勝で延岡学園を破り、初出場にして3957校の頂点に立った。2年生エースの高橋光成は6試合に登板、防御率0.36を記録。これは大会史上、下級生V投手のものとしては上位にランクされる記録だと翌日のスポーツ紙には紹介されていた。

準々決勝で高橋光成を先発させなかった前橋育英。

 興味深いのは準決勝に進出した4校中、前橋育英、花巻東、延岡学園の3校が準々決勝まで複数の投手で戦ってきたことだ。

 先に紹介した前橋育英対常総学院戦では、前橋育英の先発はそれまで3試合連続自責点0を記録してきた高橋光成ではなく、同じ2年生の喜多川省吾だった。それに対して常総学院は3試合連続完投(自責点2)を続行中だった飯田を押し立てるが、飯田は勝利を目前にして降板せざるを得なかった。

 1人の投手への過重な負担は、その投手の将来に悪影響を及ぼすという観点から問題視されているが、チームの勝利という面から考えても複数投手を備えたチームの優位性は今大会でかなり明らかになったと思う。

 課題も指摘したい。私はプロも含めた全力疾走の基準を打者走者の「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12.3秒未満」に設定しているが、これを1試合で4人以上記録したチームが2校しかなかった。昨年は13校(15回)もいたにもかかわらず、である。

 上位に進出したフレッシュな顔ぶれには、強豪校のような全力疾走の習慣がまだ根づいていないのかもしれない。

関連コラム

ページトップ