Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<長谷部、大久保、内田を抜擢した猛将> フェリックス・マガト 「私が日本人を好む理由」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2010/11/10 06:00

<長谷部、大久保、内田を抜擢した猛将> フェリックス・マガト 「私が日本人を好む理由」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima
ブンデスリーガきっての厳格さと理論を併せ持つ
鬼軍曹は、なぜ日本人選手を重用し続けるのか。
長谷部誠、大久保嘉人、内田篤人――。
彼らに共通する資質と評価のポイントとは。

 鬼軍曹は、日本人に手厳しい。だが、絶対に見放したりしない。

 フェリックス・マガト監督が、ヴォルフスブルクを率いていたとき、長谷部誠が固定式のスパイクで試合に臨み、芝生に何度も足を取られてしまったことがある。通常、滑りやすいときは、裏の突起が金属の取替え式のスパイクを履く。つまり、選択ミスだ。

 マガトは激怒し、ハーフタイムにロッカールームで声を張り上げた。

「こんなスパイクを履くから悪いんだ!」

 怒鳴るやいなや、長谷部のスパイクをつかみ取り、部屋にあった箱の中に思いっきり投げ入れた。マガトは試合で決定的なシュートを外した選手を2軍に落としたこともあり、これがきっかけで長谷部の出番が激減することも十分あり得た。

 だが、マガトは何事もなかったかのように、日本人MFに再びチャンスを与えた。マガトと過ごした1年半の間に、長谷部はハーフタイムに計5回も交代させられたが、見捨てられることはなかった。

 今季からシャルケに加入した内田篤人も同じである。

 開幕のハンブルガーSV戦ではゼ・ロベルトに置き去りにされ、失点の原因になった。しばらく出番はまわってこないと思われたが、続くハノーファー戦に先発。その後もチャンスを与えられ続けている。

日本人選手を評価する3つのポイントとは?

 これまでにもドイツには、日本代表でコーチを務めたクラマーや、奥寺康彦を獲得したバイスバイラーなど、日本サッカーを高く評価する指導者がいた。しかし、マガトの執心ぶりは、彼らの比ではない。すでに、計3人もの日本人選手をドイツに連れてきた。

 ヴォルフスブルク時代に長谷部と大久保嘉人(現ヴィッセル神戸)を獲得し、今季は、内田を鹿島からシャルケに引き抜いた。マガトはヴォルフスブルクでも、シャルケでも、スポーツディレクターを兼任しており、自分の好みで選手を買い集めることができる。いつしかドイツのメディアから「日本人コレクター」と呼ばれるようになった。

 なぜマガトは、こんなにも日本人選手を評価しているのか?

 マガトは3つのポイントをあげる。

「日本人選手は、テクニック、走力、規律の3つが優れている。ブラジル人選手の方が技術が優れているかもしれないが、彼らは規律を好まない。ヨーロッパには走力があっても、技術がない選手もいる。日本人は3つすべてを持っており、それがチーム戦術的にとても大きな意味を持っている」

<次ページへ>

【次ページ】 統率された組織を作るには、日本人の「3要素」が不可欠。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フェリックス・マガト
長谷部誠
大久保嘉人
内田篤人

ページトップ