Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<元代表のGK&DFが語り合う> 楢崎正剛×田中マルクス闘莉王 「世界で勝ち抜くために“理想”を捨てよ」 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2013/07/31 06:01

「W杯優勝」を謳い、されどコンフェデでは失点を重ねたザックジャパン。
かつてW杯の舞台に立ち、世界を知悉する守護神と闘将が、
現代表の守備に警鐘を鳴らす――。

 W杯を4度経験した日本を代表する守護神と、前回の南アフリカW杯で抜群のリーダーシップと存在感溢れる守備を見せた闘将。そんな二人の本音を聞くべく、席に着いた。

 初めに姿を現したのは、楢崎正剛。遅れてくる後輩を気にすることなく、「先、始めておこうか」と一言。現在の日本代表へ向けられた思いを熱く語り始めた。

強豪相手に最善の注意をしたかどうかというところは問われる。

――コンフェデ杯では日本は3連敗で9失点と、厳しい結果を突き付けられました。

楢崎   今の代表の選手たちは結果にこだわって戦っただろうけど、本当に勝ちに行く、結果にこだわるのであれば、もう少し堅い戦い方をする必要があった。守りの意識をもっと高めないと、結局勝てないということに今回もなった。でも選手たちはそういう考えではないでしょう。強豪国と同じように主導権を握って、結果を残したいと思っているはず。

 ただ、今まで戦ってきたレベルの相手では出なかったミスが、出てしまった。強豪相手に最善の注意をしたかどうかというところは問われる。誰が見ても防げた失点があるということは、隙がどこかにあったと言われても仕方がない。もちろん本人たちは防げたはずだと感じていると思う。それに守備陣は長く一緒にプレーしているわけだから、連係面で大きな問題がないのが普通です。

「待たせてすみません」。そこに、遅れて闘莉王が入ってきた。間髪入れずに、彼の熱弁の幕も切って落とされた。

今の日本はまだ“相手の弱点を露呈させる”試合をしないと。

【写真右】 田中マルクス闘莉王
Tanaka Marcus Tulio

1981年4月24日、ブラジル生まれ。サンフレッチェ広島に'01年入団、水戸ホーリーホックへ'03年からレンタル移籍、'04年に浦和レッズに完全移籍。'10年に名古屋グランパスへ移る。A代表は'06年に初選出。'10年の南アW杯では全4試合にフルタイム出場、不動のCBとして活躍した。185cm、82kg。
【写真左】 楢崎正剛 Seigo Narazaki
1976年4月15日、奈良県生まれ。奈良育英高を経て、'95年に横浜フリューゲルスに入団。'99年に名古屋グランパス移籍以降、同クラブ所属。A代表には'96年初招集、'98年に初出場を果たす。'98年から4大会連続でW杯を経験、特に'02年の日韓W杯では正GKとして活躍。187cm、80kg。

闘莉王   GKやDF陣の連係云々と言うけど、もう何年も一緒にやっている。脆さがあってはおかしいでしょ。

楢崎   ほら、いきなり同じこと言い出した(笑)。

闘莉王   今回はある意味ラッキーだったと思う。こういう苦い経験は、本来ならW杯の本大会でしか味わえないもの。やっぱり今までほとんど強い国と対戦してきていなかったことが大きい。アジアではそうしたデリケートな部分は感じられない。攻撃はいいよ。世界でも渡り合えるところはあると思う。でも守備はね、このままで行けば本大会でも絶対にやられる。あれだけ大きいスペースを相手に与えてしまうのだから。スペインだって決勝でブラジルに同じようにやられたでしょ。

 勘違いをしてはいけない。日本はブラジルやイタリアより、レベルは下。誰が見ても、強豪国と同等に胸を張って戦えるレベルにはまだない。日本全体が、それをもっと真摯に受け止めないといけない。現時点では、自分たちが世界に誇れる特長は限られている。成長が必要だというのは当然だけど、全員が急激に伸びるかと言えば、それは現実的ではない。角度を変えて見ると、今の日本はまだ“相手の弱点を露呈させる”試合をしないといけない。自分たちの長所を全部出したとしても、残念ながらまだその最大の力でもトップとは渡り合えない。だけど戦いようによっては、相手のレベルをどこまでも下げることができるのがサッカーだから。

<次ページへ続く>

【次ページ】 理想だけを考えているのだとすれば、少し甘いのでは?

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ