野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

元横浜にして現もつ鍋屋主人が語る!
「谷繁伝説」&日本シリーズ展望。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2010/10/27 12:20

 日本シリーズの開幕を今週末に控えた晩秋の候、野球と鍋が恋しい季節となりました。

 そんな時は、東京・国分寺。北口のうら寂しい路地の一角にある、もつ鍋の名店「もつ鍋 わたり」がおススメである。

 この店の店主、中野渡進さんは、元横浜ベイスターズの中継ぎ投手。'01年には63試合に登板し、5勝1敗防御率2.61と中継ぎの柱として大車輪の活躍を果たすも、酷使が祟って故障。さらに生来の毒舌が祟りまくって、球団と大喧嘩となり、現役生活4年で解雇という憂き目にあった経歴の持ち主。誰が呼んだか“ハマの裏番”の名を戴いた中野渡氏は、'03年に現役引退後、悪役商会などからのスカウトを断りつつ、一念発起し、翌'04年10月に弟の健さんともつ鍋店をオープン。「元プロ野球選手」の名に頼らず、もつ鍋の実力のみで評判となり、地元の人気店の地位を勝ち取った。

 その味と、毒舌ながら実直な店主の人柄に惚れ込んだ常連客には、プロ野球選手や球界関係者も数多い。今回のシリーズでぶつかる中日、ロッテの選手も多数含まれていると聞く。

「地上波で放送しない試合があるってもったいねぇだろ」

 というわけで、今回の「野次馬ライトスタンド」は、ある意味で、中日とロッテを知り尽くす男、「もつ鍋 わたり」店主・中野渡進氏による、中日vs.ロッテの日本シリーズ展望をお届けする。

――すいません。日本シリーズの予想を聞きたいんですが。

中野渡(以下省略)「横浜が最下位なことだけは間違いねぇよ」

――いや……あの、日本シリーズについてなんですけど……。

「ああ、そっちか。まぁ、もつ鍋屋の予想だからな。あんまり真に受けるなよ」

――ありがとうございます。では、まず今回のシリーズの顔ぶれを見てどう思われますか。

「面白いねぇ。一般的にはマイナーなカードなのかもしれねぇけどよ、勢いで勝ち進んできたロッテと、ガチガチの本命で勝ちあがって来た中日。両チームともカラーが出てるし、セとパの野球の決戦みたいなシリーズだよな。地上波で放送しない試合があるってもったいねぇだろ」

――下馬評ではCSも危なげなく勝ち進んだ中日が有利と言われているようですが。

「まぁ、普通に考えたらそうなるだろ。でも、ロッテの勢いは侮れねぇ。特に短期決戦は勢いだからな。シーズン最後のオリックス戦からはじまって、西武、ソフトバンクと一発勝負を全部勝ち上がってきたからな。ハマれば面白い展開になるだろ。個人的にも仲のいい選手が多いから頑張ってほしいよ」

――ロッテでは福浦選手などがお店によく食べに来るみたいですね。

「福浦さんは『わたりのもつ鍋は食べるとホームランが出る“アゲ鍋”だ』って言ってくれてよ、西武ドームで試合がある時なんかにはよく食べに来てくれるよ。この前の西武とのCSで決勝ホームランを打った前日も清田なんかと来てくれたな。最近はファンの人にも『福浦さんと同じ味の鍋をください』って言われるけどな。変わんねぇっての」

<次ページへ続く>

【次ページ】 「あの人は持ってるな。そういう星の下に生まれてる」

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ