SCORE CARDBACK NUMBER

水連の人事が際立たせた、
柔道界の混乱と影。
~鈴木大地氏の新会長就任に思う~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/07/20 08:00

水連の人事が際立たせた、柔道界の混乱と影。~鈴木大地氏の新会長就任に思う~<Number Web> photograph by AFLO

 6月23日、日本水泳連盟(水連)の新会長に、ソウル五輪背泳ぎ金メダリストで46歳の鈴木大地氏が選ばれた。

 鈴木氏は現役引退後、海外に数度留学したほか、順天堂大学の教授としてコーチ理論を学びつつ、選手の指導にもあたってきた。これら数々の経験の持ち主であることを踏まえても、前会長の佐野和夫氏から26歳若返り、水連史上最年少となった今回の人事は異例と言ってさしつかえない。鈴木氏自身、「驚きです」と会見で口にしたのも無理はない。

 さらに新理事には、シドニー五輪代表の萩原智子氏が名を連ねた。昨年引退した33歳の萩原氏は普及活動や取材者としての体験など多角的に水泳にかかわってきた。誠実で温厚な人でもある。

 両者の今後はむろん注目されるところだ。しかし、何よりも目を向けるべきは、人事を敢行した水連の姿勢である。佐野前会長には続投の意志もあったと聞く。その上で鈴木氏を起用したのは、昨年度決算で約1億5000万円の赤字となったこともあり、体制を立て直そうという考えがある。組織の歪みが大きくなる前に先手を打った形である。そして引退したばかりの萩原氏には、選手に近い目線で捉えられる強みがあり、選手と指導者、上層部のパイプ役を担える。

不祥事が次々と明るみに出た全日本柔道連盟の“妄執”とは。

 水連の人事から想起されるのが全日本柔道連盟の混乱だ。女子選手たちの告発以降、連盟絡みの不祥事が次から次へと明るみに出た。浮き彫りになったのは組織そのものの腐敗である。だが諸問題への対処の中にあったのは、職にとどまることが最優先と言わんばかりの人々と、組織温存への妄執だ。そこに選手への愛情はあっただろうか。結果、前を向いて再出発するにはほど遠い現在がある。

 水連新会長の鈴木氏は、「驚き」と言いつつ、ビジョンを次々に披露した。

「選手が幸せになれる環境を作りたい」「22世紀も水泳ニッポンと言われるような体制づくりを」「国民みんなが泳ぎをマスターする『国民皆泳』を訴えたい」

 背泳ぎが専門だったことに引っ掛けて、こんな言葉も口にした。

「泳ぎは後ろ向きでしたが、前向きに頑張ります」

 その明るさは、なおさら、柔道界の影を際立たせるかのようでもある。

関連コラム

関連キーワード
鈴木大地
萩原智子
オリンピック

ページトップ